Zeebra
Zeebra
Zeebra

今や伝説と化したヒップホップグループのフロントマンとして名を馳せたZeebra。
早くからその才能を開花させ、日本語におけるラップを新たな次元へと引き上げ、ヒップホップ・シーンの拡大に貢献した立役者。
1997年のソロ・デビューから常にトップの座に君臨し続け、常に上のレベルを追求する姿勢に共感を覚えるリスナーも数知れない。
その音楽性の高さや技術、スマートなスタイルと存在感により、男女を問わずリスナーの間でカリスマ的存在となっている。
また、他のアーティストからの信頼やリスペクトも厚く、自身の作品に加え世代やジャンルを超え、数多くの客演も行っており、
その足は止まらない。

また、その活動の影響力は海を超え、諸外国からのオファーも殺到しており、海外の都市も含めたクラブツアーを決行。
そして、日本では武道館ワンマンライブも開催し、新たな伝説をHIPHOP史に刻み込んだ。

現在、洋楽曲中心で構成されているクラブのフロアを、日本語楽曲オンリーの選曲で構成するという全く新しいコンセプトのもと、
日本のクラブシーンへ向けて新たなメッセージも発信し続けている。

アーティスト活動25周年を迎えるZeebra。ますます鼻息荒い縞馬から目が離せない。