佐山サトル (初代タイガーマスク)

【佐山サトル プロフィール】
————————————————————————
近代総合格闘技 創始者
修斗創始創設者
精神武道 掣圏 創始創立者
掣圏真陰流 総監 
初代タイガーマスク  佐山サトル(聡)
————————————————————————

佐山サトル

新日本プロレスマットでデビュー、メキシコ、イギリスで活躍後、
1981年4月、初代タイガーマスクとして衝撃デビュー。
華麗なる空中技と変幻自在な四次元殺法、威力抜群の打撃技で、
プロレス界のみならず、社会的に“タイガーマスクブーム”を巻き起こす。

1983年8月電撃引退後、旧UWFに参戦、ザ・タイガー、スーパータイガーとして、
より格闘技色の強いファイトを展開。

その後、近代総合格闘技を創始し、
シューティング(プロフェッショナル修斗)を創始。
日本における総合格闘技ブームの礎を創った。

また、アントニオ猪木氏が設立した『UFO』で小川直也を格闘家に育てた後、
“市街地型実戦武道”掣圏道(掣圏真陰流)を創始。

2005年3月、“プロレスの復権・ストロングスタイルの復興”を旗頭に、
プロレス団体『リアルジャパンプロレス』を設立。

2010年10月より、精神武道を根幹とする新生武道「武道 掣圏」大会を開催。

現在、世界最高の精神武道を窮めるべく、
【居合】【体術】【歴史】【礼儀作法】【陽明学】【ヒプノセラピー】を
通じて“心と体の両方の強さ・不動心”を伝承しています。

2011年11月4日、「子どもたちの笑顔あふれるよりよき社会づくり」を設立理念とする
『初代タイガーマスク基金』を設立し、子供達への支援活動を実施。

人は彼を、“世の10年先を歩く男”と呼ぶ。
————————————————————————

初代タイガーマスク