ハービー・山口
ハービー・山口
ハービー・山口

1950年、東京都出身。

中学2年生で写真部に入る。

大学卒業後の1973年にロンドンに渡り10年間を過ごす。
一時期、劇団に所属し役者をする一方、折からのパンクロックやニューウエーブのムーブメントに遭遇し、
デビュー前のボーイ・ジョージとルームシェアをするなど、ロンドンの最もエキサイティングだった時代を体験する。

そうした中で撮影された、生きたロンドンの写真が高く評価された。
帰国後も福山雅治など、国内アーティストとのコラボレーションをしながら、常に市井の人々にカメラを向け続けている。
多くの作品をモノクロームの、スナップ・ポートレイトというスタイルで残している。

その優しく清楚な作風を好むファンは多く、「人間の希望を撮りたい」「人が人を好きになる様な写真を撮りたい」というテーマは、
中学時代から現在に至るまでぶれることなく現在も進行中である。
写真発表の傍ら、エッセイ執筆、ラジオ、テレビのパーソナリティー、さらには布袋寅泰のプロジェクト「ギタリズム」では作詞家として参加している。

審査員:CAPA(学習研究社)カメラライフ(玄光社)の月刊フォトコンテスト、よみうり写真大賞
選考委員:上野彦馬賞
受賞歴:2011年度日本写真協会賞作家賞

Herbie Yamaguchi
Born in 1950, he suffered from spinal caries and spent most of his childhood in corset,
which fortunately led him to the photo club in school where he found his lifetime passion.
He earned a bachelor’s degree in economics before he left home for London in 1973, where he stayed for the next decade.
In London, he joined the musical company “Red Buddha” led by Tsutomu Yamashita and performed on stage as an actor for a while.
Soon he started to capture the days with his camera and kept a lively record of the development subculture movements,
especially the punk scene in the 70’s London as he was inspired by his own experiences.
Among his early works, his photographs of punk rock musicians such as Joe Strummer (The Clash) received high recognition.
Once returned home to Tokyo, he kept visiting Europe to photograph hundreds of people,
from artists to everyday people, which eventually became his precious collections of monochrome.
His style is well-known for its delicacy and naturalness.
Today he is one of the most celebrated photographers who have fans and admirers all over the world.
His enthusiasm is not limited to photo collections and exhibitions: he also writes for magazines and appears on TV and radio.
AWARD: Lifetime Achievement Award (Photographic Society of Japan Awards 2011

Herbie Yamaguchiofficial website

http://herbie-yamaguchi.com/