NEWS & TOPICS

亜無亜危異が不完全復活! 18年振りの新作リリース決定!

結成40周年&平均年齢58歳の日本のロックシーンにおいて正真正銘のレジェンド、亜無亜危異(アナーキー)が18年振りの新作をリリースする!

亜無亜危異は1978年の結成以来、80年代の日本のロック&パンクシーンの中心として君臨。未だ絶大な支持を集める中、結成40年となる節目で奇蹟の“不完全復活"! そして、18年振り(メジャーでのリリースは実に33年振り)となるミニアルバム『パンクロックの奴隷』を9月5日にリリースする事を発表した。

同作はスタジオレコーディングによる新曲6曲を収めたCDと、今年1月に行われた新宿LOFTのライブを収めたDVDとの2枚組で、還暦を目前に控えたベテランバンドとは思えないほどの“熱量"が込められた筋金入りのパンクロックを奏でている。

亜無亜危異は昨年7月に新木場コーストでのイベントで再復活ライブを行う予定だったが、6月にギターの逸見泰成(通称・マリ)が急逝し、急遽4人でのライブを敢行。そのライブをきっかけにオリジナル・メンバー4人による“不完全復活"を決意する。今年1月に新宿ロフトでワンマンライブを開催したのに続き、4月には『ARABAKI ROCK FEST』に出演。6月からは名古屋・大阪・京都でワンマンツアーを行なっていたが、新作のリリースという嬉しい話は世代を超えたロックファンに注目のニュースだろう。また、9月に恵比寿リキッドルームでレコ発記念のワンマンライブを行なうことも発表されている。

今回の復活に際し、ボーカルの仲野茂は「意外に当時と変わんない。18年という時間は俺たちにとって必要な時間だった。聴くヤツへ言いたいことは特にないけど、新曲作んないとバンドに未来は無い」とコメントしている。

アルバム『パンクロックの奴隷』

2018年9月5日発売



CRCP-40560/¥3,241+税
※商品形態:CD+DVD(2枚組)
<収録曲>
■CD
01.パンクロックの奴隷
02.偽善者ワロタ
03.くるくるパトリオット
04.イカサマ伝道師
05.タブーの正体
06.弱者の行進
■DVD
パンクロックの奴隷 / 心の銃 / もうアウト / シティ・サーファー / 逃げろ / バラッド / 平和の裏側 / Harder They Come / 団地のオバサン / Ready Steady Go / 改革子供 / 旗をかかげて / デラシネ / 530 / くるくるパトリオット / 屋根の下の犬 / タレント・ロボット / ヒーロー / 叫んでやるぜ / ノット・サティスファイド  
※2018年1月8日 東京・新宿LOFTワンマンライブを収録



【ライブ情報】

6月30日(土) 大阪 心斎橋Live House Pangea
7月01日(日) 京都 磔磔
8月25日(土) 名古屋 池下CLUB UP SET
9月16日(日) 東京 恵比寿LIQUIDROOM



【関連リンク】
亜無亜危異が不完全復活! 18年振りの新作リリース決定!
アナーキーまとめ
FLOW、ドラマ『幸色のワンルーム』主題歌「音色」シングルリリース決定