NEWS & TOPICS

水樹奈々が歌のポテンシャルを世に知らしめた金字塔的アルバム『ULTIMATE DIAMOND』

9月15日(日)、水樹奈々のライヴツアー『NANA MIZUKI LIVE EXPRESS 2019』のファイナルとして、ZOZOマリンスタジアム公演が開催される。チケットはほぼソールドアウトしている様子で、改めて彼女のアーティストパワーを見せつけられている感じだが、今週の当コラムでは水樹奈々が名実ともに日本のトップシンガーのひとりとなった作品と言える『ULTIMATE DIAMOND』を紹介しようと思う。

■ふたつ以上の顔を持つアーティスト

“天は二物を与えず”という諺がある。我がことを考えると“こちとら二物どころか一物も与えてもらってないや”と思う一方、末席も末席ながらエンタメ業界の片隅で仕事をさせてもらっていると、天から二物を与えられている人がいなくもないことに気付く。最近は二物どころか、三物も四物も与えられているような人もいるような気がして、神様というのは案外我らを不公平に作り給うたのだなと思ったりもする。パッと思い浮かんだところで言うと、ジャニーズ事務所所属のタレントたちはほぼ全員がそうだろう。容姿端麗で、運動神経抜群。歌に関してはちょっと遠慮させていただきたいという人たちもいるにはいるが、全体的には昔に比べて段違いに良くなっている。演技で賞を獲得することも珍しくなくなっているし、お笑い芸人顔負けのボケをかます人もいる。高学歴の人だってたくさんいる。さらには、農家や漁師をやる人もいるのだから本当に恐れ入る。タレント(talent=才能)とはよく言ったものだ。

ミュージシャン、バンドマンで、もう一物を所有されている人たちも少なくなくて、これも今パッと思い浮かんだ人で言うと、クリープハイプの尾崎世界観、SEKAI NO OWARIのSaori、WEAVERの河邉 徹あたり。バンドマンと小説家というケースだ。この二足の草鞋はわりとあって、古くは大槻ケンヂ、辻 仁成もそうだったな…なんてことも思い出した。音楽と並行して役者として活躍するミュージシャンは結構いて、ソロシンガーなら古くは沢田研二がそうだったし、今は福山雅治や星野 源がその筆頭格だろう。バンドマンでということで言えば、ここ数年、役者としてのキャリアを飛躍的に重ねているのは銀杏BOYZの峯田和伸(まぁ、銀杏BOYZのメンバーは今、峯田ひとりなんだけど…)。峯田は今や完全に天に二物を与えてられた印象だ。金子ノブアキのことも忘れちゃいけない。彼の場合、出演している映画やドラマが多いので、RIZEのドラマーであることを知らないという人がいるかもしれない。そうそう、バンドマンじゃないのだけど、天から幾物も与えられているアーティスト、その最近のナンバー1は、これはもう武田真治に尽きるだろう。サックスプレイヤー、役者、ナレーター、モデル、それに加えて筋肉である。独断ではあるが、天からもっとも寵愛を受けた男性アーティストに認定したい。

ここからが本題。今週紹介する水樹奈々もまた、天から三物も四物も与えられたアーティストという印象が強い。水樹奈々というアーティストをちゃんと意識したのは2004年のこと。とあるレーベルのプロモーター(彼女が所属するレコード会社の人ではない)と話していて、“水樹奈々がヤバい”みたいな話になった。確か、彼女のことは完全ノーマークだったのにチャートトップ10入りした…みたいなことだったと思う。そう言えば、自分もその名前を週刊誌のグラビアで見たなと思ってその人に訪ねてみると、彼女は声優だという。声優? 声優さんだけが載っているような雑誌ならグラビアもアリだろうけど、その週刊誌はメジャーな青年コミック誌だったので、正直ちょっと驚いた。その青年コミック誌を引っ張り出してきて見返すと、確かに“声優”とあった。少し語弊がある言い方かもしれないが、“声もルックスもいいとは!?”というのが率直な感想だった。その後、新宿駅だったか東京駅だったかで、彼女の日本武道館公演が決定した旨のポスターを見掛けて、絶賛の意味で“これは本格的にヤバいことになってんな”と思ったものだ。その後のアリーナ公演やスタジアム&ドーム公演の実現、音源のセールスとチャートの好リアクション、そして『NHK紅白歌合戦』への出場に関しては説明不要だろう。声優としても歌手としても第一線で活躍。天から二物以上を授かったことは間違いない。

■収録曲全てで歌の上手さが光る

その水樹奈々がアルバムで初めてチャート1位を獲得し、名実ともに日本のトップシンガーのひとりとなった作品と言えるのが『ULTIMATE DIAMOND』である。この機会に初めて通して聴かせてもらったが、流石に…というか、当然のことながら…というか、歌はかなりしっかりしている。オープニングであるM1「MARIA & JOKER」から声がよく出ていることははっきりと分かるし、ぶれのないファルセットとか、単純に“歌が上手いなぁ”と思わせる歌唱である。また、この楽曲のサビ後半で聴かせるちょっとしたニュアンスの加え方も流石で、表現力に長けていることもありありと分かる。

以降、どの曲においても確かなヴォーカリゼーションを聴くことができるが──これはプロの歌手には本来備わっていなければならないことなので、ことさら強調すべきではないのかもしれないけれど──きっちりと音程がとれている上に、音符への言葉の乗せ方が丁寧なところは全編で確認できる。例えば、M13「蒼き光の果て-ULTIMATE MODE-」などは歌の音符はわりと細かいものの、妙にテクニックを多用することなく、生真面目にも思えるヴォーカルを見せている。かと思えば、M15「夢の続き」ではこぶしを多用したりしているので、さまざまなタイプの歌に対応できる技量を持ったヴォーカリストであることは間違いないようだ。

個人的に興味深く聴いたのはM7「Brand New Tops」。ポップなロックチューンで、ツインヴォーカルにも近いコーラスが入ったナンバーである。まるでふたりの水樹奈々が掛け合いしているような感じで、それが何とも堂に入った印象。この楽曲もまた表現力の幅広さをうかがわせるとともに、“水樹奈々にはこういうタイプを歌わせたい”といった、本人&スタッフとのチャレンジ精神が垣間見えると思ったところである。タイプはかなり異なるものの、M7「Brand New Tops」は、こののちにT.M.Revolutionとコラボレーションしたシングル「Preserved Roses」「革命デュアリズム」(2013年)にも近い雰囲気も感じた。直接的な影響はないと思うが…。

■バラエティーに富んだサウンド

本作はサウンド面もかなり興味深い。ほとんどがアップテンポだが、バリエーションは豊富と言っていいだろう。スパイ映画…というよりは、ブラスの入れ方がほとんど『ルパン三世』のパロディーと言ってもいいような音作りのM1「MARIA & JOKER」から始まり(『カウボーイビバップ』のパロディーである可能性も捨てきれない)、ジャーマンメタル的ギターリフに和楽器(琴?)、歌舞伎や狂言の掛け声も重なるM2「悦楽カメリア」。ピアノ入りポップロックチューン、M3「PERFECT SMILE」を挟んで、M4「Trickster」は、ギターの音色にBOOWY以降の影響ありありのビートロック。ただ、途中4つ打ちになったり、そうシンプルではないところがミソ。

続く、M5「Mr.Bunny!」ではデジタルを多用しつつ、M6「沈黙の果実」はストリングスをゴージャスにあしらったポップロックで、アコギ(多分ガットギター)が印象的に使われているなど、こちらは生音重視だ。ツインヴォーカル風のポップなR&RのM7「Brand New Tops」。M8「少年」はロックはロックでも、マイナー調のメロディとブリッジのサックスとを含めて、どことなくAORを感じさせる。キャッチーなメロとデジタルが融合した“アニソン・ハウス”とでも言うべきM9「Gimmick Game」。ゴシックロックなM10「Dancing in the velvet moon」。そして、間奏でのスパニッシュなギターソロが象徴するようにアコギ中心のバンドサウンドで迫るM11「ray of change」と、ここまで似たようなサウンドはほぼないと言っていい。M12「深愛」~M13「蒼き光の果て-ULTIMATE MODE-」はロック、M14「Astrogation」はハウスと続き、明らかにテンポが落ち着くのはラスト、M15「夢の続き」という仕様だ。聴き手によっては後半、若干食傷気味になることは否めないが、当時の彼女のアーティストパワー、その勢いを感じさせるに十分な作りである。

『ULTIMATE DIAMOND』収録曲のサウンドのバラエティー豊かさは、即ち作家陣の多彩さに関係しているのだろう。作曲者12名、編曲者13名と、15曲入りのアルバムとしては珍しい感じではある。シングル曲が多く収録されている場合にはこういうことがままあるけれども、発売前に発表されていた楽曲は4曲なので、本作はシングルベスト的なアルバムではない。そう考えると、この作家陣の多さはある種、意図的であったことが想像される。そして、それもまた、水樹奈々というヴォーカリストの才能を世に知らしめるためのものであったことは言うまでもなかろう。

“ハードロック調が好き”“デジタルがいい”とリスナーそれぞれによって好みはあるだろうが、筆者の注目曲を挙げさせてもらうと、シングル曲でもあったM4「Trickster」がすこぶる良かった。この楽曲は若干上モノとギターのオーバーダビングがあるものの、ベーシックはギター、ベース、ドラムスの3ピースで、そのドライブ感が半端ない。一発録りではないと思うので、おそらくミックス具合が絶妙なのだろうが、そのグルービーなサウンドはその辺のロックバンドを軽く凌駕しているようにも思う。全体的にザクっとした音も何ともバンド的だ。『ULTIMATE DIAMOND』発売時はすでにアリーナクラスでの公演も増えていた彼女ではあるが、それ以前はライヴハウス中心の活動であったことを考えると、M4「Trickster」にはそんなライヴアーティストの面目躍如といったものを見出すこともできる(ような気がする)。

さて、冒頭で、水樹奈々は“天から二物以上を授かっている”と書いたが、彼女のファンであれば、その二物にしても三物にしても、たまたま天から彼女の元へ降ってきたのではないことはよくご存知のことと思う。あまり彼女に興味のない人は、水樹奈々というアーティストは、歌が上手い声優、あるいは声優の中で特別に歌がうまいので歌手としても活躍していると思われている人がいるかもしれないが、さにあらず。彼女はもともと歌手志望。しかも、演歌歌手を目指していた。[父の仕事場と両親が経営する自宅のカラオケ教室で、演歌歌手の夢を託され、毎日休まず猛特訓を受ける。他にも、音感を養うためにピアノやエレクトーンを、歌手になった時にサインを求められても困らないように書道を学び、地元では「のど自慢大会荒らし」と呼ばれていた]という([]はWikipediaからの引用)。中学卒業後に上京し、事務所に所属しながらデビューを目指すもなかなか上手くいかず、高2の時、事務所の勧めで代々木アニメーション学院声優タレント科にも入学。在学中に声優としてデビューを果たした。つまり、たまたま(…と言うと語弊があるかもしれないけれど)先に声優として世に出て、その後、歌手として花開いたわけだ。歌手としてデビュー後も決して順風満帆ということではなく、最初の数年はなかなか芽が出なかったばかりか、筆者は半可通なのでここではその詳細は伏せるが、精神的に辛い目にも遭ったと聞く。今やコンサートはアリーナやスタジアムが当たり前、音源をリリースすれば毎回チャート上位に登場する、押しも押されぬ、トップクラスのアーティストである水樹奈々であるが、そのポジションは彼女自身が掴み取ったものなのである。アルバム『ULTIMATE DIAMOND』はそのことを水樹奈々が堂々と天下に示した作品と言ってもいいのかもしれない。

TEXT:帆苅智之

アルバム『ULTIMATE DIAMOND』

2009年発表作品



<収録曲>
1.MARIA & JOKER
2.悦楽カメリア
3.PERFECT SMILE
4.Trickster
5.Mr.Bunny!
6.沈黙の果実
7.Brand New Tops
8.少年
9.Gimmick Game
10.Dancing in the velvet moon
11.ray of change
12.深愛
13.蒼き光の果て-ULTIMATE MODE-
14.Astrogation
15.夢の続き




【関連リンク】
水樹奈々が歌のポテンシャルを世に知らしめた金字塔的アルバム『ULTIMATE DIAMOND』
水樹奈々まとめ
フジファブリック、大阪城ホールワンマンが完売!“感謝の追加席受付”が決定