NEWS & TOPICS

NoGoD、雰囲気たっぷりの新作『神劇』ビジュアル解禁

NoGoD(ノーゴッド)が4月10日に発売する、前作『proof』以来1年7か月ぶりのリリースとなるニューミニアルバム『神劇』の最新ビジュアルが公開となった。

妖しげな劇場、観客席を背に、赤くて黒いオーラをまとったメンバーが佇む、雰囲気あるビジュアルは、作品への期待値をさらに高まらせる。

さらに、新たなトピックとしてDDTプロレス所属、竹下幸之介選手の新しい入場テーマ曲に決定したコラボ曲「Curtain Rises」のNoGoDバージョンがアルバムに追加収録されることとなった。

『神劇』はコラボ曲「Curtain Rises」を含めた7曲を収録。今作もメンバーのルーツであるハードロックやへヴィメタルサウンドが感じられるほか、日本のロックバンドらしいキャッチーな歌メロも光る、まさに“NoGoD流のロックサウンド”に仕上がっている。団長(Vo)の紡ぐストレートな歌詞やバンドの特徴であるテクニカルな演奏も健在だ。

ミニアルバム『神劇』

2019年4月10日発売



KICS-3789/¥2,500+税
<収録曲>
01.Curtain Rises ※竹下幸之介(DDT)新入場テーマ曲(NoGoD バージョン)
02.masque
03.Borderline
04.シアン
05.far away
06.DOOR
07.そして舞台は続く



【関連リンク】
NoGoD、雰囲気たっぷりの新作『神劇』ビジュアル解禁
NoGoDまとめ
ゴリゴリの重厚なサウンドで攻めるリヴィング・カラーのデビューアルバム『ヴィヴィッド』はブラックロックの代表的なアルバムのひとつ