NEWS & TOPICS

Hilcrhyme、特別なセットリストで臨んだ2018年最後のワンマンが終了

2018年9月に日比谷野外音楽堂にて新体制での復活ライヴ『Hilcrhyme LIVE 2018『One Man』』を開催し、新たな一歩を踏み出したHilcrhyme。その模様を収録した、2019年1月9日にリリースされるLIVE Blu-ray&DVDのリリース記念イベント『Hilcrhyme LIVE 2018「One Man」特別先行上映会〜トーク&ライブ』 が、12月26日に有楽町はヒューリックホール東京にて行なわれた。

この日のイベントは、日比谷野音ライヴに至るまでのドキュメンタリーと実際のライヴ映像を収録した映像パートに加え、その映像やHilcrhymeの活動についてTOC自身が語り下ろすトークパート、そして60分のライヴパートによる3部で構成された。まず登場したTOCは“忙しい年の瀬にご来場いただきありがとうございます”と挨拶し、オーディエンスに感謝の意を伝える。そして彼自身も客席に座り、観客と共にドキュメンタリーとライヴ映像を観覧した。

ドキュメンタリー映像では、新体制となったHilcrhymeの現状や、TOCのソロプロジェクトとして動き出したHilcrhymeへの思いが、彼の地元である新潟で語られる。そして舞台は野音に移り、ステージの設営を見守る姿や、念入りな当日リハーサルを行なう姿、そして開演前から会場前に詰めかけたファンへ会場から呼びかける様子が映し出される。

ライヴパートではステージに独りで立ち、約1年ぶりにHilcrhymeファンと対峙し、決意深くライヴを展開していくHilcrhymeの姿が映し出される。鬼気迫るような真剣さと、オーディエンスの前に立てる喜びが綯い交ぜとなった、これまでに無いようなTOCの姿は、彼がこのライヴにかける強い思いを表しているだろう。またステージ上のHilcrhymeだけではなく、ファンの盛り上がりもしっかりと活写され、会場で感じた一体感の高さが今回のライヴ映像を通して追体験できるような感触を覚えた。

続くトークパートでは上映された映像についてのTOCからの感想や、この日のライヴについての思い、そしてライヴの裏話が語られ、TOCの言葉によって映像やライヴが更に立体的になっていく。2019年1月30日にリリースされる、セルフタイトルが名付けられたニューアルバム『Hilcrhyme』についても語り、“Hilcrhymeの歴史の上にありながら、間違いなく最高傑作”と話すと会場からは期待の声が上がる。それに伴って行なわれる全国20カ所を回るツアーに関しても“ここから新たなHilcrhymeが形作られるライヴになると思う”とそのツアーへの自信をのぞかせた。

短い休憩を挟んでライヴパートを開始。“Hilcrhyme!アゲイン!”というシャウトから、野音と同じようにライヴは“トラヴェルマシン"からスタート。そのまま“次になにやるかわかるよな!”と宣言すると「RIDERS HIGH」に流れ込み、先程映像で見たライヴを生で再現するような構成には、総立ちとなった会場から大きな歓声が上がった。

“今日は2018年の総決算だと思ってる。だから今日は特別なセットリストを組んできたんだ”という言葉から、「LAMP LIGHT」「恋の炎」とダンサブルに展開し、会場ではオーディエンスが大きく手を振る。そこからオーディエンスを着席させ、ミラーボールとステージライトに照らされたTOCは丁寧に「光(オーケストラVer.)」を披露。ライトを効果的に使えるホールならではの演出でも魅せた。そして会場が紫の光に彩られると、スポットライトを浴びたTOCは、会場に降りオーディエンスの間を通り抜けながら「BAR COUNTER」をパフォーマンスし、ファンを虜にしていく。

MCでは“今年はみんなに出会える機会が少なかった、来年は一緒にいてくれるか?”とコールし「春夏秋冬」。TOCの先導に併せて、オーディエンスからの大合唱の声がヒューリックホールに響く。そしてニューアルバムに収録される、「春夏秋冬」の続編的な「アフターストーリー」に展開。エモーショナルな空気がホールを彩っていた。

“今年の前半は鬼のような形相になってた。でも、みんなに支えられたことがわかって、もう一度笑顔になれました”と会場に改めて感謝の言葉を届け、ライヴのラストはニューアルバム収録の「Hill Climb」を初披露。オーディエンスが上げる“H”のハンドサインに見送られて、ステージは一旦幕を閉じた。

アンコールでは“日付変わっちゃったけど、これやっていいかな”と呼びかけ、黒いサンタ服に着替えたTOCが登場。クリスマスソングの「マイクリスマスキャロル」を響かせ、一日遅れのクリスマスを祝うHilcrhymeとオーディエンス。そして“ヒルクライマーからの愛を受け取りました。本当にありがとう”という言葉で、Hilcrhymeのワンマンとしては2018年最後となるライヴを締め括った。

TOCソロでの『SHOWCASE』のリリースや、新体制のHilcrhymeとしてのリリース作となった『One Man』、そして復活の野音ライヴ、ソロとHilcrhymeを同時に見せた『TOC生誕祭 2018』の開催など、激動の2018年を駆け抜けたHilcrhyme TOC。彼の動きは、メジャーデビューから10週年という節目を迎える2019年も更に加速していくことを期待と確信させる、充実のイベントとなった。

【セットリスト】
1.トラヴェルマシン
2.RIDERS HIGH
3.LAMP LIGHT
4.恋の炎 
5.光(オーケストラVer.)
6.BAR COUNTER
7.春夏秋冬
8.アフターストーリー
9.Hill Climb
<ENCORE>
10.マイクリスマスキャロル

アルバム『Hilcrhyme』

2019年1月30日発売



【初回限定盤(CD+DVD)】
POCE-12109/¥3,400+税
【通常盤(CDのみ)】
POCE-12108/¥3,000+税
<収録曲>
■CD
01.Hill Climb
02.アタリマエ
03.Magic Time 2019
04.恋の炎2019
05.Lost love song【II】
06.愛と恋
07.挑発
08.涙の種、幸せの花 2019
09.Good Luck
10.アフターストーリー 2019
初回盤Bonus Track
11.Hill Climb -Togenkyo Arrange-
■DVD
アタリマエ -Music Video-
アタリマエfrom『Hilcrhyme LIVE 2018「One Man」』
愛更新from『Hilcrhyme LIVE 2018「One Man」』
Good Luck from『Hilcrhyme LIVE 2018「One Man」』

◎Hilcrhyme OFFICIAL FANCLUB「4Seasons」会員特典
UNIVERSAL MUSIC STOREでHilcrhyme 8thアルバム『Hilcrhyme』をご購入されたFC会員の方に「CDジャケット絵柄のミニクリアファイル」をプレゼント


『Hilcrhyme TOUR 2019“Hill Climb" 』

2月02日(土) 広島・HIROSHIMA CLUB QUATTRO
2月03日(日) 岡山・CRAZYMAMA KINGDOM
2月09日(土) 福島・郡山 HIPSHOT JAPAN
2月11日(月・祝) 神奈川・Yokohama Bay Hall
2月16日(土) 千葉・柏PALOOZA
2月17日(日) 静岡・浜松窓枠
2月23日(土) 熊本・B.9 V1
2月24日(日) 福岡・DRUM LOGOS  
3月02日(土) 岐阜・club-G  
3月03日(日) 兵庫・神戸 THE CHICKEN GEORGE
3月09日(土) 長野・CLUB JUNK BOX
3月16日(土) 愛媛・松山WstudioRED
3月17日(日) 香川・高松オリーブホール
3月21日(木・祝) 石川・金沢EIGHT HALL
3月23日(土) 大阪・なんばHatch     
3月30日(土) 北海道・札幌 PENNY LANE24
3月31日(日) 宮城・仙台Rensa
4月06日(土) 愛知・名古屋 DIAMOND HALL
4月07日(日) 東京・Zepp DiverCity Tokyo
4月13日(土) 新潟・新潟LOTS



【関連リンク】
Hilcrhyme、特別なセットリストで臨んだ2018年最後のワンマンが終了
Hilcrhymeまとめ
嘘とカメレオン、ワンマンライブを3分に凝縮した「百鬼夜行」のリリックビデオ公開