NEWS & TOPICS

ジュリアナの祟り、ニューシングル表題曲「バブリー革命〜ばんばんバブル〜」がSNSで話題に!

“ばんばんバブルばんばばんバブリー”という耳に残るフレーズが印象的な楽曲に乗せて、各界の著名人たちが踊っている“踊ってみた動画”が、今SNSで話題となっている。動画の投稿者は、KONISHIKI、よゐこ濱口率いるヴィジュアル系バンドの禿夢、グレート義太夫、猫ひろしなどのタレント・お笑い芸人や、Jin-Machine、0.1gの誤算、ザ・キャプテンズなどのバンド、さらには婦人科医や大手企業の代表取締役など、様々な顔ぶれが揃っている。

その動画の正体は、2019年1月9日にメジャーデビューをするジュリアナの祟りというバンドの楽曲。しかも、このふざけたグループ名は、ビートたけしが命名したものだ。名前からして強烈だが、詳しく調べてみると、メンバーの個性もすごい。紅一点であるヴォーカル蕪木蓮は、中臣鎌足の子孫であり、こんな派手髪をしているが現役のガチ神主であるという。衣装やピコハンなど、ビートたけしが命名というだけあって、どことなく懐かしさを感じる世代もいるだろう。

そして話題の動画となっているのは、デビューシングルより「バブリー革命〜ばんばんバブル〜」という楽曲だ。しかも同曲はTBS系テレビ『王様のブランチ』の1月度エンディングテーマに抜擢され、1度聴くと頭から離れないあのフレーズが地上波で流れた日には、いよいよ日本も祟られてしまうのではないだろうか…。

ジュリアナの祟りは、12月29日発売の『ROCKIN'ON JAPAN』2月号にも掲載され、街頭ビジョンや各メディアにも続々と登場予定! ちなみに彼らのメジャーデビューについて、ビートたけしはどう思っているのかと事務所に確認したところ、“エラくなったら、おごってね!”とのことだ。

現在各地でリリースイベントを開催しており、3月12日には後楽園ホールにて大型ワンマンを開催。ライブスケジュールなど詳しくは公式ツイッターをチェックしよう!

シングル「バブリー革命~ばんばんバブル~ / リグレット」

2018年1月9日発売



【いかにもジュリ祟盤】
QAAQ-20001 ¥1,000(税込)




【いかにもメジャー盤】
QAAQ-20002 ¥1,000(税込)



【関連リンク】
ジュリアナの祟り、ニューシングル表題曲「バブリー革命〜ばんばんバブル〜」がSNSで話題に!
ジュリアナの祟りまとめ
マキシマム ザ ホルモン、スペシャ特番で“ファンモンいじり”卒業を発表