NEWS & TOPICS

星野 源、マーク・ロンソンとのダブルヘッドライナーショー開催

12月19日(水)にニューアルバム『POP VIRUS』をリリースする星野 源が、12月17日(月)に幕張メッセ 国際展示場 ホール 9~11にて開催された、国内外のコンサート・プロモーターのH.I.Pが主催する一夜限りのダブルヘッドライナーショー『LIVE in JAPAN 2018 星野源×Mark Ronson』に出演。マーク・ロンソンとの2マンライヴを行なった。

マーク・ロンソンは、ロンドン出身のDJ・プロデューサー。2015年にリリースしたアルバム『アップタウン・スペシャル』からのファーストシングル「アップタウン・ファンク feat. ブルーノ・マーズ」が全世界で大ヒットを記録し、グラミー賞も獲得するなど洋楽シーンにおいて重要な人物だ。この度の星野とのスペシャル2マンは開催決定の発表から大きな話題となっていた。

今回のショーではDJスタイルでのパフォーマンスとなっており、マーク・ロンソンはライブスタートからさすがのDJプレイと若干の日本語も交えたMCで観客を煽って盛り上げていく。新曲「ナッシング・ブレイクス・ライク・ア・ハート feat. マイリー・サイラス」や、日本でも大ヒットを記録した「アップタウン・ファンク feat. ブルーノ・マーズ」など次々と代表曲をプレイし、大いにフロアーを盛り上げた。

マーク・ロンソンのパフォーマンスが終了し、いよいよ星野のステージへ。暗転とともに歓声が巻き起こる会場、そして星野が登場するとさらに大きな歓声が! 2017年のツアー『星野源 LIVE TOUR 2017『Continues』』でも披露された「Firecracker」からライブがスタートすると、続けざまに「地獄でなぜ悪い」をパフォーマンスし、開始早々から観客は一気ヒートアップ。その後も「桜の森」やアルバム『POP VIRUS』にも収録されている「肌」をライブ会場で初めて披露するなど集まった2万人を盛り上げる。

ところどころでマーク・ロンソンとのツーマンライブが実現できたことへの感謝の想いを込めつつ、“久しぶりのライブ、めちゃくちゃ楽しい!”というMCをはさみ「恋」「SUN」、そして最新楽曲「アイデア」で会場の熱気はピークに。そして本編最後は「Friend Ship」、その後アンコールでは「Week End」を披露し、年末のスペシャルなショーが終了した。

2019年に5大ドームツアーの開催を発表している星野。2018年はアルバム制作を中心とした1年となっていたため、唯一のライブ出演となった本公演は大盛況の中、幕を閉じた。

photo by 西槇太一
(c)Masanori Naruse

【セットリスト】
1.Firecracker
2.地獄でなぜ悪い
3.桜の森
4.Night Troop
5.肌
6.Snow Men
7.恋
8.SUN
9.アイデア
10.Friend Ship
<ENCORE>
Week End

アルバム『POP VIRUS』

2018年12月19日(水)発売



【初回限定盤A】(CD+Blu-ray+特製ブックレット)
VIZL-1490/¥5,000+税
【初回限定盤B】(CD+DVD+特製ブックレット)
VIZL-1491/¥4,800+税(税抜) a【初回限定盤A】(CD+Blu-ray+特製ブックレット)
VIZL-1490/¥5,000+税
【初回限定盤B】(CD+DVD+特製ブックレット)
VIZL-1491/¥4,800+税(税抜)
【通常盤 初回限定仕様】(CD+特製ブックレット)
VIZL-1492/¥3,100+税
【通常盤】(CD)
VICL-65085/¥3,000+税

<収録曲>
■CD
1.Pop Virus
2.恋(TBS系火曜ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』主題歌)
3.Get a Feel
4.肌(花王ビオレuボディウォッシュCMソング)
5.Pair Dancer
6.Present
7.Dead Leaf
8.KIDS
9.Continues (スカパー!『リオ2016パラリンピック』テーマ曲)
10.サピエンス
11.アイデア ( NHK連続テレビ小説『半分、青い。』主題歌)
12.Family Song (日本テレビ系水曜ドラマ『過保護のカホコ』主題歌)
13.Nothing
14.Hello Song(ACジャパン2016年度全国キャンペーン「ライバルは、1964年。」TVCM・ラジオCMソング)
■Blu-ray/DVD ※初回限定盤付属映像
・星野源 Live at ONKIO HAUS Studio
1. Night Troop
2. 肌
3. 桜の森
4. Snow Men
5. KIDS
6. SUN
7. 海を掬う
8. 恋
9. プリン
10. アイデア
11. Friend Ship
・創作密着ドキュメンタリー「ニセ明と、仲間たち」
星野源と友人によるコメンタリー付

◎特製ブックレット
ここでしか読めない5th Album『POP VIRUS』のロングインタビュー(聞き手:高橋芳朗)、
星野源によるエッセイ、全曲解説のほか、撮り下ろし写真を収録
【通常盤 初回限定仕様】(CD+特製ブックレット)
VIZL-1492/¥3,100+税
【通常盤】(CD)
VICL-65085/¥3,000+税

『星野源 DOME TOUR 2019「POP VIRUS」』

2月02日(土) 大阪・京セラドーム大阪
2月03日(日) 大阪・京セラドーム大阪
2月16日(土) 愛知・ナゴヤドーム
2月17日(日) 愛知・ナゴヤドーム
2月23日(土) 北海道・札幌ドーム
2月27日(水) 東京・東京ドーム
2月28日(木) 東京・東京ドーム
3月10日(日) 福岡・福岡 ヤフオク!ドーム
<チケット>
料金¥8,500(税込)
一般発売:2019年1月12日(土)   
入場制限:4歳以上チケット必要/入場に関する年齢制限無し
ただし3歳以下のお子様でお座席を必要とする場合は、チケット必要
※チケット券面に記載のお名前の方以外はご入場出来ません。公演当日要顔写真付身分証明書。



【関連リンク】
星野 源、マーク・ロンソンとのダブルヘッドライナーショー開催
Mark Ronsonまとめ
星野源まとめ
亜無亜危異、『SHOWDOWN 2019』第ニ弾出演者にeastern youthとOLEDICKFOGGYが決定