NEWS & TOPICS

BiSH、アイナ作詞による新曲「二人なら」がアニメ『3D彼女』OP曲に決定

BiSHのアイナ・ジ・エンド作詞による新曲「二人なら」が、TVアニメ『3D彼女 リアルガール』第2シーズンのオープニングテーマに決定したことが発表になった。BiSHは同アニメの第1シーズンでエンディングテーマを担当しており、連続で主題歌を担当することとなる。なお、現状では新曲「二人なら」のリリースは未定となっているので、まずはアニメをチェックしておこう。

12月9日に横浜赤レンガ倉庫にて開催した過去最大規模フリーライブを大成功に収めたばかりのBiSHだが、12月22日には幕張メッセ9〜11ホールで過去最大規模のワンマンライブ『THE NUDE』開催、年末の風物詩『輝く!日本レコード大賞』に新人賞ノミネートされるなど、大躍進が止まらない。2019年も早速のタイアップ決定など、引き続き彼女たちに注目だ。

■アニメ『3D彼女 リアルガール』公式サイト
http://www.3dkanojo-anime.com

■【アイナ・ジ・エンド コメント】

「BiSHはあまりラブソングを歌わないので、そんな気持ちの歌を歌えることが新鮮です。
『3D彼女 リアルガール』は毎回、胸が締め付けられる瞬間があります。「二人なら」がその世界観にばっちりハマりますように。
悲しみも切なさも、いつか人生の財産になる。そんな事を思って書きました。二人だけの世界が見えたら嬉しいです」

(c)那波マオ/講談社・アニメ「3D彼女 リアルガール」製作委員会



【関連リンク】
BiSH、アイナ作詞による新曲「二人なら」がアニメ『3D彼女』OP曲に決定
BiSHまとめ
Shine Fine Movement、3rdワンマンライブで等身大のパフォーマンスを披露