NEWS & TOPICS

AC 9mm、初ワンマンが終演&9mmの公式サイトに謎のカウントダウン出現!?

9mm Parabellum Bulletの菅原卓郎(Vo&Gt)、中村和彦(Ba)、かみじょうちひろ(Dr)の3人によるプロジェクト“AC 9mm(エーシーキューミリ)"のワンマン公演が東京グローブ座にて行われた。

9mmの楽曲を中心にリアレンジし、井上陽水の「氷の世界」もカバー披露するなど、およそ700人の観客を魅了させた。5月に日比谷野外大音楽堂にて行われた9mmの自主イベント『カオスの百年 vol.12』にて対バンとして初ライブを行ったAC 9mmはデビューから約半年でワンマン公演を成功させたこととなる。

また、9mmは2019年に結成15周年を迎えることから、オフィシャルサイトトップに15th Anniversaryのロゴが公開された。あわせて謎のカウントダウンが出現。2019年1月1日に0日となることから、2019年を迎えると同時に何かが起こることを予期させる表示となっている。果たしてどんなことが起こるのか、今から期待したい。

さらに、12月6日より9mmが2018年に発表した新曲「21g(ニジュウイチグラム)」と「カルマの花環(カルマノハナワ)」が各サブスクリプションサービスにて配信スタートした。こちらの2曲は9月に行われたツアー「カオスの百年TOUR 2018」の会場限定CDとしてリリースされ、「21g」は10年前にレコーディングされたものの未発表のままとなっており、2018年になって新たにレコーディングし直して発表された楽曲だ。

Live photo by 橋本 塁[SOUND SHOOTER]



【関連リンク】
AC 9mm、初ワンマンが終演&9mmの公式サイトに謎のカウントダウン出現!?
AC 9mmまとめ
9mm Parabellum Bulletまとめ
番匠谷紗衣、地元大阪でのメジャーデビューシングル発売記念凱旋イベントが大盛況