NEWS & TOPICS

angela、東南アジア最大規模の日本カルチャー祭典で2,500人を魅了

東南アジア最大規模となるJ-POP カルチャーの祭典『C3AFA Singapore 2018』(C3AFASG 2018)が、11月30日(金)~12月2日(日)にシンガポールのSuntec Singapore Convention & Exhibition Centreにて開催された。angelaは最終日となる12月2日、サイン入りポスターお渡し会などのグリーティングイベントで現地ファンと交流し、さらにAFA開催10周年を記念したレッドカーペットイベントに参加。待ち受けたファンによる大歓声を浴びながら、会場エントランスに敷かれたレッドカーペットをキングレコードの中西豪プロデューサーと練り歩き、本イベントの記念すべき瞬間に華を添えた。

そして、現地時間19時からは会場内最大スペースの特設ステージで行われるメインイベント「I LOVE ANISONG コンサート」に出演! ステージ上の巨大スクリーンにコンサートのオープニングムービーが映し出され観客の期待が高まる中、トップバッターとして登場。場内が大きな歓声と興奮に包まれる中、その歓声に応えるように「僕は僕であって」(TVシリーズ『亜人』第2クール前期OPテーマ)、「イグジスト」(TVアニメ『蒼穹のファフナー EXODUS』OP主題歌)といった人気楽曲を披露すると、会場はさらにヒートアップ。本イベントには4年振りの出演となるangelaは、MCでギター&アレンジのKATSUが「帰ってきたぞ、シンガポール!」と感謝の気持ちを伝え、現地ファンへ向けて「明日へのbrilliant road」(TVアニメ『宇宙のステルヴィア』OPテーマ)、「全力☆Summer!」(TVアニメ『アホガール』OPテーマ)、「シドニア」(TVアニメ『シドニアの騎士』OP主題歌)といったキラーチューンを立て続けに投下。海外公演も多数経験しているangelaによる圧倒的なパフォーマンスと、うねるようなコール&レスポンスで、会場のボルテージは頂点に! 続く「KINGS」(TVアニメ『K』OP主題歌)ではヴォーカルのatsukoによる英語の振り付け講座が行われ、歌と振り付けで会場がさらに一体になったところでラストに代表曲「Shangri-La」(TVアニメ『蒼穹のファフナー』OP主題歌)が披露されると、コンサート会場に集まった2,500人のファンからは大きな歓声と拍手が贈られた。

ミニアルバム『K SEVEN SONGS』

2018年11月28日発売



KIZC-464~5/¥2,800+税
※CD+Blu-ray
※初回製造分のみジャケットイラストステッカー封入
※『K SEVEN STORIES』描き下ろしイラストジャケット仕様
<収録曲>
■CD
1. BLAZE(Episode1「R:B ~BLAZE~」ED主題歌)
2. 天狼の如く(Episode2「SIDE:BLUE ~天狼の如く~」ED主題歌)
3. 上書き世界(Episode3「SIDE:GREEN ~上書き世界~」ED主題歌)
4. Lost Small World ~檻の向こうに~(Episode4「Lost Small World ~檻の向こうに~」ED主題歌)
5. BURN(Episode5「メモリー・オブ・レッド ~BURN~」ED主題歌)
6. Nameless Song(Episode6「Circle Vision ~Nameless Song~」ED主題歌)
■Blu-ray
・「SURVIVE!」MV、CM SPOT



【関連リンク】
angela、東南アジア最大規模の日本カルチャー祭典で2,500人を魅了
angelaまとめ
[ALEXANDROS]、自身初のアリーナツアーを含む『Sleepless in Japan Tour』が開幕