NEWS & TOPICS

voyager、2018年の集大成として開催する『クリスマスプレミアムパーティー』への意気込みを語る

2009年のデビュー以来、ウルトラマンシリーズの歌を通して着実に人気と実力を獲得してきた音楽ユニット・voyager。2018年は中国でのライブや、大先輩である水木一郎のライブに参加するなど、今まで以上に活躍の場を広げてきた。その1年の集大成としてvoyagerが12月25日(火)に渋谷グランデにて『クリスマスプレミアムパーティー』を開催する。今回は同公演について、TAKERUと瀬下千晶の二人に意気込みを伺った。

■僕たちの熱意と周りの方たちがくれた キッカケがうまく合致したんじゃない かなって思います。(TAKERU)

──今回の「クリスマスプレミアムライブ」はどのようなきっかけで実現にいたったのでしょうか?クリスマスライブは初めてのようですが。
TAKERU:そうですね。クリスマスの単独ライブは初めてです。もともと、アコースティックワンマンライブを2017年に3回やったのですが、3回目のライブゲストで水木一郎さんに出ていただいたんですね。そのとき、いつも水木さんと一緒に歌っているウルトラマンの曲や僕らが普段ステージで歌っている曲を、いろんなジャンルにアレンジしてライブをしたんです。いつもバンマスをしてくださっている小西貴雄さんがアレンジしてくださいました。ボサノバ調とか本当に面白いアレンジが多くて、水木さんもすごく気に入ってくださり、“また、一緒にやりたいね!”って言って頂いたんです。
瀬下:そうなんです。本番中のステージで言ってくれたんですよ。嬉しかったなぁ。
TAKERU:それで話を進めていくうちに、voyagerってクリスマスにライブをしたことがないし、それだったらクリスマスパーティーとして、料理も豪華にして一夜限りの特別なイベントにしちゃおうよ!ってことになったのです。プレゼントもね…用意しちゃったりね。

──じゃあ、周りの方たちの後押しもあって、開催という流れになったんですね。
TAKERU:そうですね。ワンマンライブは常にやりたいって言っていたので、その僕たちの熱意と周りの方たちがくれたキッカケがうまく合致したんじゃないかなって思います。
瀬下:そうですね。それが、まさにクリスマスに実現できるという…ありがたいことです。
TAKERU:しかも、すごく良い会場にも恵まれてね。渋谷のグランデというところで、時期的にもなかなか抑えられない場所なんですけど、ありがたいことに開催できることになったんです。それが自分たちのクリスマスプレゼントってくらいに思っているんだよね。
瀬下:自分たちのね。しかも、グランデを含むパセラ系列のお店ってどこもご飯が美味しいんですよ。特に渋谷グランデのお料理が評判が良いって聞いていて、私が楽しみにしてます! ご飯ばっかり推してますが(笑)、みなさんあってのクリスマスライブの実現だと思ってますよ! もちろん。

──2017年からアコースティックライブをやってきた流れでの今回のクリスマスライブの実現となったようですが、お二人がアコースティックライブを重ねてきての手応えやお客さんの反応などはどうですか?
瀬下:それまでウルトラマンのヒーローショーのステージで歌を歌っていたのですが、アコースティックライブではウルトラヒーローが登場しない純粋なボイジャーだけのステージで。
TAKERU:ウルトラヒーローに頂いた力を使って、僕たちは歌でたくさんの方を支えていければと頑張っているんです。
瀬下:そうそう。アコースティックライブはヒーローが姿を表さない初めてのライブなんです。voyagerだけのvoyagerによる歌のライブっていうのが、アコースティックライブだったんです。
TAKERU:だから、ヒーローが登場しない場で、voyagerとしての音楽性をいつもと違う形で見せられたし、いつも聴きにきてくれるお客様にも敏感に感じ取ってもらえて“voyagerってこんな一面もあるんだ”とか“音楽的にこんなこともできるんだ”ということを感じ取っていただけた手応えはあります。
瀬下:そうですね。MCもいつもの感じではなく、私たちの素を普通に出せているというか。
TAKERU:うん。ある意味“本当の”TAKERUと千晶を知って頂ける雰囲気でね。
瀬下:そう。そういう良い機会にもなりましたね。他のイベントではできない面を見せられましたね。
TAKERU:ヒーローが出演しないのに、こんなに喜んでくれるっていうのがビックリでしたしすごく嬉しかったですね。
瀬下:それが単独ライブをやるに当たっての自信にも繋がりましたね。意欲的に2回目3回目って開催できたし、3回目にはもっと広いホールでやりましょうって流れになってすごくモチベーションに繋がりました。

──なるほど。アコースティックライブをきっかけに、さらに今まで以上にステージへの思いとか気持ちの変化が生まれたようですね。
瀬下:そうですね。歌に対しての思い入れが少し変化しまたね。水木さんとご一緒するようになってからが一番大きいんですけど。水木さんから教えて頂いたのが“二人のハーモニー・アンサンブルを大切にしなさい”ということなんですが、ここにきてやっと実感してきたんです。アコースティックライブって、二人のハーモニーがすごく際立つんですよね。なので、二人で歌うという意識がここ最近はとくに大きくなっています。
TAKERU:そうそう。その一番のきっかけは9月にやった水木さんの50周年記念アコースティックライブで、コーラスとして参加したことです。そのときの曲が今までにやったことがないジャンルやコーラスライン、ノリでとても勉強になったんです。自分たちってこんな声が出るんだっていう、新しい自分たちを発見できたんです。それがあったから、今回のクリスマスライブは9月のライブで勉強したことを、思う存分に発揮できると思っているんです。

──そのときは裏方というかコーラスに徹してましたが、今回は満を持してvoyagerが主役のライブですからね!
瀬下:そうなんですよね。9月のライブで学んだことを活かしつつ。そして、今度は私たちが水木さんをお招きするという…責任の重さ! 水木さんは本当に愛が…愛しかない方なんです。
TAKERU:本当にお優しい方です。いつも同じ目線で話をしてくださるんです。歌手としては大先輩なのに、同じ目線で歌ってくださって。そして、僕たちを上のステージへ引き上げてくださるというか。本当に感謝しかありません。
瀬下:本当にたくさんのチャンスを与えていただいてます。

■僕たちの曲を世の中に初出し! それを、プレゼントできるんです。 (TAKERU)

──今回のクリスマスライブのお楽しみについてもお伺いしても良いですか。
TAKERU:やっぱり、新曲「ファンファーレ」のCDをクリスマスプレゼントとしてお渡しできるのが、僕たちも楽しみですね。マッシュアップに移籍して初めてレコーディングした曲で、所属のアーティストみんなで歌詞を書いてレコーディングをした曲なんです。タイトル通り、聴いてくれた人が元気になるような応援歌なんです。そのvoyagerバージョンなんです! いつもね、歌っているヒーローの曲とはまた違った雰囲気だよね。
瀬下:元気付けたり、応援するという方向性は一緒なんですけど、マッシュアップに移籍して初めて歌入れした曲ということもあり、ここからがスタートというか、出発というか、初々しい気持ちも込められてます。
TAKERU:そうだね。移籍して、ここから更に頑張るぞっていう思いが詰まっていて、そのときの等身大の僕たちが表れているよね。しかもまだリリース前の音源なんです。世の中に初出し! それを、プレゼントできるという嬉しさ!
瀬下:自分自身に対しても歌っているような気持ちなんですよね。あと、曲も満を持してなのですが、さらにコメンタリーも入るんですよ。
TAKERU :コメンタリーどうしよう!

──まだ、コメンタリーは撮ってないんですか?
TAKERU:まだ、撮ってないんです。どうしよう!(笑) お気づきかもしれませんが、僕たちとっても話しが長いんですよ!(笑) だから、CDって72分録音できるんですもんね…「ファンファーレ」が5分くらいだから、コメンタリーは…。
瀬下:1時間以上…(笑)漫談みたいになっちゃうね。
スタッフ:自重してください!(笑) 15分くらいにしてもらいたいな。
TAKERU&瀬下: えぇ〜〜〜!!
瀬下:でも、15分でもかなり長いよね(笑)。それもね、このクリスマスライブでしかゲットして聞けないものなのでね、楽しみにしててもらいたいです。

──他のマッシュアップのアーティストたちはソロで歌っているわけですけど、voyagerはお二人でこの「ファンファーレ」を歌っているので、歌い分けとかあったり、かなり雰囲気が違いそうですよね。
瀬下:そうですね。ハモりとかね、そこはかなりこだわりましたよね。
TAKERU :僕たちバージョンでしかないハモりもありますし。
瀬下 :男女ユニットならではの「ファンファーレ」になってますね。
──あと、今回のクリスマスライブは音楽はもちろんなのですが、お料理も気合いが入っているようですね。
瀬下:ビュッフェね! ビュッフェ!!!
TAKERU :クリスマスだから、クリスマスに食べたいあんなご馳走こんなご馳走いろいろあるんですよ。本当に美味しそうなんです。

──ケーキももちろんありますよね。
TAKERU: お子さんも楽しめるね料理になっていると思いますよ。

──お二人も食べれるんですか?
瀬下:そこ確認してなかった!! 勝手にご飯ご飯楽しみにしていたんですけど、どうなんでしょう!! そこ重要です!
TAKERU:そこは…お金払うので、食べさせてください(笑)。でも、せっかくvoyagerがプロデュースするクリスマスライブなので、僕たち二人のエッセンスが入ったメニューもお出しできるように企んでいたりするので、楽しみにしていてください。
瀬下 :プロデュースしますよ!!

──もう具体的に考えていたりするんですか?
TAKERU:僕がね、カレーが好きなんですよ。なので、クリスマスといえばチキンなので、チキンを入れたカレーとかね。例えばタンドリー風のカレーとかタンドリーローストチキンとか、考えています。
瀬下: 私はチキンライスやオムライスがいいなぁ。オムライスが好きなので、ふわふわとろとろのオムライスがお出しできたら良いなぁと思ってます。ケチャップは私が書きますよ!(笑)
TAKERU:渋谷グランデの空間もね、本当に素敵なんですよ。豪華でパーティーにぴったりなんです。ステージも照明が良い感じで。見るのも楽しめると思います。バーカウンターもカッコよくて、お酒もソフトドリンクもたくさんお出しできるので、ご家族で楽しんでもらいたいですね。
瀬下:みなさまを素敵なクリスマスドリームにお連れできると思います!

──五感で楽しめるパーティになりそうですね!
瀬下: そうですね。かしこまりすぎず、アットホームな感じで、でもちょっと特別感のあるライブにしたいですね。

──その日だけの、特別な曲も用意しているようですが…
TAKERU :クリスマスなので、普段のセットリストではやらない曲も用意してます! あと、水木さんもお招きするので、大人な雰囲気のクリスマスソングも一緒に歌えたらと思ってます。アレンジもね、いつも一緒にやっている小西貴雄さんが準備してくださるんです。小西さんが無限の引き出しを持ったアーティストさんなので、本当に楽しみです。

──さきほども、9月の水木さんのライブでボサノバ風の曲を披露したって言ってましたよね。
TAKERU: そうなんですよ。すごいですよ。水木一郎さんの「バビル2世」をロシア民謡風にアレンジしたり。

瀬下: まったく違う音楽にしちゃう魔法を持っていますね。クリスマスライブもそこを楽しみにしていて欲しいです。
TAKERU: 絶対に日本で一番楽しいクリスマスパーティにするつもりなので、楽しみにしていて欲しいです。もう、すでに楽しいライブになるだろうなぁってイメージできちゃうもんね。
瀬下: そうだね。見えちゃうね。

■ウルトラマンというエッセンスが 私たちに入ってきてくれたおかげで、 人間的にも豊かになったというか、 成長できましたよね。(瀬下)

──voyagerの活動についても、ちょっとお伺いしたいのですが、お二人が活動し初めて7年になるんですよね。
瀬下 :そうですね。私たちが加入して、7年になるんですが、voyager自体は来年デビューから10周年になるんですよ!

──どうですか、お二人が一緒に活動して長くなりますが。振り返ってみて。
瀬下 :活動し始めたころの写真を見ると、TAKERUくんはトゲがあるというかギラギラした感じがありましたよ。
TAKERU: もう本当にね。襟足が長かったり…(笑)。
瀬下 :今は落ち着いてますけどね!voyagerをやりながら二人とも変化してきた感じはありますね。
TAKERU: そうだね。二人ともだんだん顔の表情とか優しくなったって言われるようになりましたね。やっぱり小さいお子さんと触れ合うからだと思うんですけど、人生勉強をたくさんさせてもらってますね。ヒーローステージって本当にいろんな人が来るし、毎回同じステージというのはないわけですし。それこそ、歴代のウルトラマンってまったく同じキャラクターやストーリーってないので、その世界観を歌を通して疑似体験しているような感じで。自分たちで言うのも変ですが、ウルトラマンの歌を通して人として厚みも増したなって思いますね。
瀬下 :ウルトラマンからも、周りの関わってくれている方からも教わることがたくさんあって。実は私たち二人はウルトラマンをがっつり見て育ってきたわけではないんですよ。でも、ウルトラマンというエッセンスが私たちの中に入ってきてくれたおかげで、人間的にも豊かになったというか、成長できましたよね。
TAKERU :歌自体も変わってきてると思いますね。年を重ねて一緒にやってきた歴史があるから説得力も増してきてると思います。そういう意味で、僕たちの歌手人生においては一番良い状態で voyagerの10周年を迎えられるのがすごく嬉しいですしワクワクです。

■いろんな人、年齢とか超えて 幅広い方たちに愛されるように なりたいですね。(瀬下)

──2019年、これから先のvoyagerもお聞かせください。
TAKERU:来年は地方ツアーも勢力的にやりたいですね。この間、大阪でファンミーティングをしたときに、その終わりに急遽道頓堀で路上ライブをしたんです。
瀬下 :あれはすごく楽しかったですね。衣装のまんまでやってね。

──ウルトラマンっていう、みんなが知っている曲だからこそ、場所を選ばずにどこへでも歌いにいけますよね。
TAKERU:そうなんですよ。それこそ今年、中国でライブもしたのですが、すごく盛り上がって。中国の方もみなさん、日本語で歌ってくれるんですよ。ウルトラマンのお陰で、本当にいろんな方たちと出会えてありがたいです。
瀬下:ウルトラマンを介して、voyagerを知ってくれたファンの方がいまはたくさんいますが、これからはさらに自分たちの曲で盛り上げて行きたいって気持ちもあります。いろんな人、年齢とか超えて幅広い方たちに愛されるグループになりたいですね。

撮影・取材:田代恵理

【voyager クリスマスプレミアムパーティー概要】

12月25日(火) 東京・パセラリゾーツ グランデ渋谷店
OPEN 18:00/START 19:00
<出演>
voyager
Special guest:水木一郎
BAND:小西貴雄アコースティックバンド
<内容>
・トーク&ライブ
出演者からのクリスマス抽選会があります
・料理はバイキング形式、ドリンクはアルコール類を含みます
この日だけのオリジナルメニューもお楽しみいただけます
お食事、お飲み物は開場時間の18時よりお楽しみいただけます

<チケット>
¥20,000 ※料理、フリードリンク付き
◎入場特典:新曲他が収録されたオリジナルCDをプレゼント
■10月20日(土)10時より発売中
https://www.funity.jp/voyager-xmas-i/
※予定枚数に達し次第販売終了となります
※チケット1枚につき1名まで未就学児のお子様のご同行が可能です(お子様はひざ上での鑑賞をお願いいたします)

主催:マッシュアップエンターテイメント
協力:イエローバード

【voyager】

『ウルトラマンフェスティバル2009』でライヴデビューし、その後『ウルトラマン クリスマスソング&ストーリー』でCDデビュー。博品館劇場で定期開催されている『ウルトラヒーローバトル劇場』や、東京ドームシティプリズムホールで毎年開催される『お正月だよ!ウルトラマン全員集合!!』などのウルトラマン関連イベントにレギュラー出演中。CD作品では、OVA作品『ウルトラマンメビウス外伝 ゴーストリバース』の主題歌、『ウルトラマンメビウス』でCDデビュー。初期メンバーより2回のメンバーチェンジを経て現在のメンバーに至る。2015年放送の『ウルトラマンX』 では俳優(特殊防衛チームXioのオペレーター役)として現メンバーのTAKERU / 瀬下ちあきがシリーズを通しレギュラー出演。2018年3月オフィシャルファンクラブ「voyager CREW」設立。

【TAKERU】

第18回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストロックボーイ部門審査員特別賞を受賞し、その後アップフロントプロモーションに所属しつんくプロデュースでCDデビュー。在籍時はゲームソフト「リズム天国ゴールド」のエンディング曲やゲームソフト「Lucian Bee's」シリーズのルーク・ロックウェル役の声優などでマルチに活動。2013年よりボイジャーへ加入し現在に至る。現在は不動たける(エントリーサービスプロモーション所属)名義でタレント活動も行なっており、福岡でもレギュラー番組を抱え精力的に活動を行っている。

【瀬下千晶】

2013年よりボイジャー加入。それまではソロとしてアーティストの仮歌歌唱などスタジオワークを中心に活動。2013年発売のプレイステーションゲーム「実況パワフルプロ野球2013」のCM&OP曲「START」(同曲では作詞も担当)や、アプリゲームNOeSIS「羽化」こよみルートエンディング曲「ragexcage」など歌唱。演奏面でもドラム/パーカッション/ギターと多彩にこなすマルチプレイヤー。YOUTUBEオフィシャルチャンネル「MUEステ」番組MCを担当するなど歌唱/演奏以外にもマルチに活動中。



【関連リンク】
voyager、2018年の集大成として開催する『クリスマスプレミアムパーティー』への意気込みを語る
voyagerまとめ
hide、Blu-ray&DVD 『HURRY GO ROUND』特典内容決定&ティザー映像公開