NEWS & TOPICS

ZIGGY、 全国ツアーの渋谷TSUTAYA O-EAST公演で圧巻のROCK SHOWを披露

10月24日に発売したアルバム『ROCK SHOW』を引っさげてツアー『ZIGGY TOUR2018「ROCK SHOW」』 を展開中のZIGGY。11月24日には渋谷TSUTAYA O-EASTにてライヴを行った。

SEが流れる中バンドメンバーが登場し、CHARGEEEEEE....(Ds)が満員のファンを煽る中、森重が大歓声に包まれながらステージに現われた。そして、間髪入れずに「この夜の向こうへ」を叩きつけると、“Welcome to the ROCK SHOW!”という森重のシャウトの後、疾走感に満ちた「ROCK SHOW」、そして「その引き金を引け」、「銀のパレット」と最新作からの4曲で畳み掛けていく。それぞれ曲調や空気感は異なるがどれもがZIGGYらしい楽曲とも言え、ファンも手を挙げたりともに歌ったりと、バンドとともに場内の気温をどんどんと上げていった。

全力で歌い、ステージを目一杯使ってライヴを引っ張っていく森重のアグレッシヴな姿が、80年代となんら変わっていないことに驚かされる。 また、2年弱の間ともに楽曲制作やライヴを重ねてきた、カトウタロウ(G)、Toshi(B)、CHARGEEEEEE...とのステージ上での押し引きなど、2018年型のZIGGYで全身全霊で表現している。今回のツアーは会場によって、キーボードを佐藤達哉と今井 隼がそれぞれ担当することになっているのだが、この夜サポートを務めた今井は、ピアノやオルガン・サウンドを華麗に操り、佐藤達哉と変わらぬハデなステージングでバンドの一体感を作り上げていた。 そして、メンバー紹介の時には“リハーサルではカトウタロウと今井 隼がいろいろやっている”“それをここでもやってみて”という前振りで、カトウのヴォーカルと今井のピアノ&ヴォーカルでクイーンの「ラブ・オブ・マイ・ライフ」を披露したのだが、その高いヴォーカル力で観客を驚かせた。彼らのヴォーカル力もまた、現在のZIGGYの大きな力となっているのだ。

今回はアルバムリリースツアーということで最新作の楽曲が中心ではあるが、当然これまでの代表曲も惜しげもなく披露していく。 そこに感じられるのは、いつの時代も森重のメロディが輝いているということ。アグレッシヴなナンバーでもバラードでも、つねにメロディが輝いている。だからこそ、最新作の楽曲も80年代に発表した曲も、同じようにファンに受け入れられているのだ。そして、森重のアグレッシヴさが際立っていたのがライヴ本編最後のブロックだ。なんと、MCらしいMCをはさまずに8曲を連射! SNAKE HIP SHAKES時代の楽曲も交え、緩急を付けつつ、まるで観客の体力をすべて奪うかのようなステージ運びは圧巻の一言だった。

本編終了後、すぐにアンコールの声が鳴り響き、1回目のアンコールでは森重がアコースティック・ギターを手に「君の笑顔より美しい花を知らない」「STAY GOLD」の2曲を披露。 とくに「君の笑顔より美しい花を知らない」のエンディングで森重1人がステージ前に進み、オフマイクでギター1本で歌うというシーンはとても印象的であった。そして、2回目のアンコールでは、森重がプロレスのマスクを着けて登場してファンを驚かせた。プロレス団体のドラゴンゲートの楽曲を、森重が歌ったことにちなんで作られたツアー・グッズだったのだが、こうした一幕からも今のZIGGYの楽しげな空気感が感じられた一場面だった。 そして、驚いたことに3度目のアンコールに突入! 演奏曲は日替わりで決まるとのことで、まずこの夜に選ばれたのは「EASTSIDE WEST SIDE」。 近年、最速のテンポで披露されているが、今回ももちろん最速! 途中でCHARGEEEEEE....がドラムセットから離れ、ステージ前方でメンバーをいじるというシーンをはさんでパンキッシュに決めてくれた。さらに、恒例の連続拳挙げを50回しようという流れになるも、森重が“段取り的にはもう1曲やったほうがいいだろ”ということで「GLORIA」が演奏された。やはり、この曲がないとZIGGYのライヴは終われない。 観客もこの夜いちばんの大声で歌い、バンド全員も最高のテンションでプレイ。最後に、あらためてメンバーと観客全員が50回、拳を突き上げてライヴは幕を閉じた。

終わってみれば、なんと約3時間で全30曲!アンコールのMCで話題になっていたが、この夜のライヴは“笑顔”もキーワードになっていたのではないだろうか。森重を含め、メンバー全員がじつに楽しそうにロック・ショーを繰り広げ、ステージ袖のスタッフも笑顔でライヴを支え、そしてもちろん満員の観客も笑顔でライヴを楽しんでいる。途中のMCでは、観客の男性率が高いこと、そして40代以上に手を挙げさせてその高齢ぶりをいじったかと思えば、森重自身が最高齢であることを自虐的に語るなど、ロック・スターらしからぬ一幕もあった。 そんなところも今のZIGGYの魅力であり、音楽を、ロックン・ロールをプレイすることを楽しみ、それにファンが応えてくれることへの喜びがステージ上から伝わってくるのだ。 30周年を機に森重1人で再始動したZIGGYだが、ムードメーカーのCHARGEEEEEE....をはじめ、一体感と高い演奏力を伴った現在の体勢は、ロック・バンドらしいロック・バンドが減ってきている2018年という時代背景を考えると、最高の形になりつつあると言えるのではないだろうか。 そんな今後の活動への期待を抱かせる一夜だった。

なお、現在ツアー中だが2019年のライヴも続々と発表されているので、 来年結成35周年を迎えるZIGGYの“ROCK SHOW”に、ぜひ足を運んでほしい。

【セットリス】
01.この夜の向こうへ
02.ROCK SHOW
03.その引き金を引け
04.銀のバレット
05.CELEBRATION DAY
06.うたた寝の途中
07.最後の声が途切れるまで
08.STEP BY STEP
09.君をのせて
10.Jealousy
11.時の流れる音を聞けば
12.TOKYO CITY NIGHT
13.蒼ざめた夜
14.WONDERFUL FEELING
15.逃避行
16.I'M JUST A ROCK'N ROLLER
17.Don't Stop The R&R Music
18.I CANNOT GET ENOUGH
19.まだ見ぬ景色が見たくて
20.SNAKE HIP SHAKES
21.DON'T GET ME DOWN
22.La Vie en Rose
23.踊らされたくないのなら
24.TEENAGE LUST
[ENCORE1]
25.君の笑顔より美しい花を知らない
26.STAY GOLD
[ENCORE2]
27.時空の旅
28.LET ME GO R&R
[ENCORE3]
29.EASTSIDE WESTSIDE
30.GLORIA

【ライヴ情報】

『ZIGGY TOUR2018「ROCK SHOW」』
11月30日(金) 愛知・名古屋SPADE BOX
12月02日(日) 石川・金沢GOLD CREEK
12月06日(木) 大阪・BIG CAT
12月07日(金) 広島・セカンドクラッチ
12月14日(金) 栃木・HEAVEN'S ROCK宇都宮
12月15日(土) 宮城・仙台CLUB JUNK BOX
12月22日(土) 熊本・DRUM Be-9 V2
12月23日(日) 福岡・博多DRUM Be-1

『ZIGGY TOUR ROCK SHOW season1.8』
3月29日(金) 神奈川・新横浜NEW SIDE BEACH!!

『ZIGGY ROCK PARTY』
5月4日(土) 東京・新宿BLAZE

『ZIGGY TOUR ROCK SHOW season2』
4月05日(金) 北海道・札幌KRAPS HALL
4月07日(日) 北海道・帯広MEGA STONE
4月12日(金) 福岡・博多DRUM Be-1
4月14日(日) 大分・DRUM Be-0
4月19日(金) 広島・Cave-Be
4月21日(日) 島根・松江AZTiC canova
4月24日(水) 石川・金沢GOLD CREEK
4月26日(金) 大阪・BIG CAT
5月10日(金) 兵庫・神戸VARIT.
5月12日(日) 愛知・名古屋SPADE BOX
5月24日(金) 東京・Zepp DiverCity Tokyo

アルバム『ROCK SHOW』

2018年10月24日 発売



PECF-3214/¥3,240(税込)
<収録曲>
01 Opening
02 ROCK SHOW
03 その引き金を引け
04 この夜の向こうへ
05 逃避行
06 銀のバレット
07 時の流れる音を聞けば
08 WONDERFUL FEELING
09 DON'T GET ME DOWN
10 LET ME GO ROCK'N'ROLL
11 時空の旅
12 友の待つ空へ



【関連リンク】
ZIGGY、 全国ツアーの渋谷TSUTAYA O-EAST公演で圧巻のROCK SHOWを披露
ZIGGYまとめ
森重樹一まとめ
中村一義、浅草・東洋館でのトーク&ライヴ企画に小山田壮平が出演