NEWS & TOPICS

BUNNY、自身初のオリジナルソングをシングルリリース

弱冠22歳にして世界から注目を集めている日本人DJのBUNNYが、自身初となるシングル「Sick-Hearted (feat. Becko)」を11月21日にリリースした。

BUNNYは17歳からキャリアをスタートさせ、“高校生DJ”としてSNSを中心に名前を広めていった若手DJ。活動2カ月あまりでSound Cloudに公開した「BTS - Fake Love(BUNNY Remix)」がネット上で話題になりはじめていた矢先、イベント『ULTRA KOREA 2018』に出演したZeddがプレイした。

Zeddはロシア生まれ、ドイツのカイザースラウテルン育ちのDJ、音楽プロデューサー。2017年アレッシア・カーラとコラボしたシングル「Stay」は、全米ラジオ・トップ40で初の1位を獲得し、グラミー賞にも2度ノミネートされ、たくさんの人の心を掴んでいる。Zeddのディスコグラフィー全体を合計すると、ストリーミング回数は50億回以上、そして世界中で1,200万トラック以上を売り上げている超大物だ。そんなZeddはツイッター上で“Love the remix bud! Great job.”とBUNNYへの賞賛メッセージを送るなど、その様子が米ビルボードでも取り上げるほど大きな話題となった。

音楽ルーツにロック/パンクを持ち中学時代からバンドでギターを弾いていたBUNNYは、“いつかダンスミュージックの制作にもパンクのバイブスを持ち込みたいと考えていた”という。その言葉を具現化し、シングル「Sick-Hearted (feat. Becko)」ではフューチャーベース×パンク=“Future Punk”を構築。ゲストシンガーで参加したBeckoは、ULTRAフェス常連のDJ Kayzoの楽曲「Fake Fake Fake」にも参加しているバンド・Xo Sadのメインヴォーカルで、“僕好みなポップパンク系の声質だったので、すぐにオファーすることに決めた”という。彼の目論見通り、ポップなメロディセンスに強烈なパンクスピリットが注入された進化型のサウンドに仕上がっているので、ぜひチェックしてみよう!

シングル「Sick-Hearted (feat. Becko)」

2018年11月21日より配信開始



<配信サイト>
■Spotify
https://linkco.re/PGQZfB7V
■Spotify以外
https://linkco.re/A2y6Zrde

【ライブ情報】

『16th Aniversary -AGEHA PRIDE -』
11月24日(土) 東京・新木場ageHa

『COUNTDOWN to 2019 -YEAR OF PRIDE -』
12月31日(月) 東京・新木場ageHa



【関連リンク】
BUNNY、自身初のオリジナルソングをシングルリリース
Bunnyまとめ
LOVEBITES、バンド史上初の欧州ツアーを完遂