NEWS & TOPICS

KOKIA、8年ぶりのパリ公演でヨーロッパのファンから大喝采

シンガーソングライターのKOKIAが11月11日にフランス・パリでの8年ぶりとなるコンサート『KOKIA 20th Anniversary Stage in Paris』を、名だたる世界的アーティストたちに親しまれているパリ18区のロシュシュアール大通りにある劇場ラ・シガールで開催し、大喝采での終幕となった。

ヨーロッパでのコンサートは、2010年に7カ国11公演のヨーロッパツアー『KOKIA REALWORLDTour2010 Paris』の最終公演をパリにあるTheatre Michelで行って以来。そして、今回の会場であるラ・シガールでのコンサートは2009年に初公演を行って以来、9年ぶりの公演だ。

KOKIAの海外コンサートは、日本で行なわれるコンサート内容同様に日本語で歌われる。ポップスとクラシックを感じさせる旋律にのせて歌われるメッセージソングの数々、そしてオーディエンスを包み込む唯一無二の魅力をもつ声と抜群の歌唱力は、言葉の壁を越え、世界中の人々の心に感動を届け続けてきた。今回KOKIAのコンサートを待ち望んでいたヨーロッパ中のファンの声に応える形で、20周年のアニバーサリーイヤーにあたる2018年、一夜限りのパリ公演が再び実現した。

コンサートはフランス語による挨拶で幕が開き、全15曲のうち3曲以外は全てヨーロッパ公演初披露となった。この8年間にKOKIAが自身が辿った人生とその中で育まれてきた楽曲をオーディエンスとゆっくりと会話をするかのような雰囲気で1曲ごとに想いを伝え、約2時間、2部構成でのステージを披露。KOKIA自身も待ち望んでいた本公演は、この地で歌う喜びや会場に集ったファンへの感謝の気持ちを込めて1曲1曲を紡いでいく。

ラストでは代表曲「Remember the kiss」の全編英語バージョンを披露。オーディエンスの歌声も加わり、ステージと客席との距離がより近づいて会場全体が一つになり、心が通い合い、音楽に包み込まれるような瞬間が訪れた。そして鳴り止まないスタンディングオベーションの中、一夜限りのパリ公演は幕を閉じた。

ヨーロッパにおける日本人歌手のパイオニア的存在と位置付けられているKOKIA。本公演でのオーディエンスは地元フランスからはもちろん、ウクライナ、ロシア、イングランド、ポルトガル、スペインにまでに及び、彼女の歌声を楽しみにしていたファンの熱狂ぶりを伺い知ることができるコンサートとなった。今回の公演を機に今後はまた、ヨーロッパでの活動の再始動を考えているという。世界で通用するミュージシャンとしてKOKIAの今後の活動が期待される。

【セットリスト】
■第1部
1.Family Tree
2.usaghi
3.フクロウ ~フクロウが知らせる客が来たと~
4.キリン ~長い首したキリンさん~
5.カバ ~マダムヒッポ(カバ夫人)の夢~
6.私の中の獣
7.Faraway
8.傘を貸してあげて

■第2部
9.調和
10.I believe~海の底から~
11.お化けが怖いなんて
12.moment~今を生きる~
13.この地球がまるいお陰で
14.音のアルバム
15.Remember the kiss [英語ver.]

【コンサート情報】

『I remember YOU』
11月24日(土) 大阪・ビルボードライブ大阪
1st OPEN 15:30/START 16:30
2nd OPEN 18:30/START 19:30 ※完全入れ替え制
<チケット>
サービスエリア¥7,900
カジュアルエリア(1ドリンク付)¥6,900-
※飲食代金は別途生じます
※詳しくはこちらをご覧ください http://www.billboard-live.com/pg/shop/show/index.php?mode=detail1&event=11148&shop=2
<2019年>
『KOKIA with super 5 ~Passion + Technique + Heart = WOW ~』
1月06日(日) 東京・サントリーホール ブルーローズ
昼公演 開場14:30/開演15:30
夜公演 開場18:30/開演19:30
<チケット>
¥6,800(税込、簡易書留送付手数料500円別途)
※未就学児の入場はご遠慮いただいております。
■一般発売日:11月22日(木)10:00~



【関連リンク】
KOKIA、8年ぶりのパリ公演でヨーロッパのファンから大喝采
KOKIAまとめ
Wienners、ツアー会場限定作品より「マイノリティ」のライブ映像公開