NEWS & TOPICS

Jillionaireも登場した、メキシコの祝日を祝う“DAY OF THE DEAD”が大盛況

11月2日(金)の夜、六本木ヒルズに隣接するケヤキ坂下交差点にあるクラブ“1 OAK TOKYO(ワンオークトウキョウ)”にて、テキーラ販売量世界NO.1のブランド・Jose Cuervoのサポートで“Day of the Dead(死者の日)”のイベントがMajor LazerのJillionaireをメインアクトに迎えて開催された。

“Day of the Dead(死者の日)”は10月31日から11月2日まで行なわれるメキシコの祝日で、200年以上の歴史を誇る。年に一度のこの期間は死者の魂が蘇るとされ、生きている者が故人を思いながら集まり、明るく楽しく祝いながら時間を過ごすという期間で、最近ではピクサー映画『リメンバー・ミー』の題材となったことで知ったという人も多いかもしれない。

本国アメリカと同様にセレブリティが集結することで知られ、普段から招待客のみ足を踏み入れることが許されている1 OAK。この夜は2部制(1部は完全招待制)でイベントを開催した。会場に入ってまず目を奪われるのはエントランスに設置された3mを超える真っ白なスカルのオブジェ。このオブジェには、一夜を通してライブペインティングが行なわれ、その姿を変え続けることで来場する人々を圧倒していた。

1部では3階に位置するVIPフロアが会場となり、海外文化やトレンドにアンテナを張っているモデルや女優、ミュージシャンから芸人まで、招待されたVIPのみが来場した。死者の日に欠かせないスカルメイクを体験できるオープンブースを会場に設置すると、著名人もメイクを施した順に“死者の日モード”に染まっていく。

もちろんイベントのお楽しみはゾンビメイクだけではない。ビュッフェスタイルのメキシカンフードと、クエルボ・カクテルコンペのチャンピオンが考案した3種類の特別なクエルボカクテル“ワカモレ・マルガリータ”、“クエルボ・ピクニック”、“テキ・ティキ”。さらに昔は製造に関わる家族しか楽しむことができなかったと言われている世界で最初のエクストラ・アネホ(熟成)テキーラ“クエルボ・レゼルバ・デ・ラ・ファミリア”をテイスティングし放題という贅沢な企画に、バーでは一晩中人が溢れかえっていた。

顔にはスカルメイク、手にはクエルボのカクテルを持った来客者たちでパーティーが盛り上がり始めると、フロアの奥からは煌びやかなメキシカンハットを被ったマリアッチがダンサーを従えて登場し、メキシコの祝日の夜に華を添える。2部もスタートして1、2階フロアの扉が開くとすぐ満員に。2階に設置されたオープンメイクブースでもスカルメイクを求める来場者で早くから行列ができていた。フロアのDJブース上部にはこの日限定のプロジェクションマッピングによる演出があり、一味違った異空間と化していた。

この日のメインアクトを務めたMajor LazerのJillionaireが登場すると、フロアの熱気はさらに加熱! スカルメイクのオーディエンスでラグジュアリーな空間が埋め尽くされる頃、ステージ上には先ほどのマリアッチが登場し、クエルボで乾杯して“Day of the Dead(死者の日)”を楽しんでいた。

この盛り上がりを見る限りでは今後日本でも“Day of the Dead(死者の日)”のイベントの知名度はまだまだ上がり続けて、大人のハロウィン的な祝祭として定着していくかもしれない。2019年の“Day of the Dead(死者の日)”では、クエルボとスカルメイクで故人を思いながら楽しい時間を過ごしてみてはいかがだろうか?



【関連リンク】
Jillionaireも登場した、メキシコの祝日を祝う“DAY OF THE DEAD”が大盛況
Major Lazerまとめ
ASIAN KUNG-FU GENERATION、様々なアングルで魅せる「ホームタウン」MV公開