NEWS & TOPICS

奥華子、初のフルマラソンを約6時間8分14秒で完走!

奥華子が11月11日(日)に岡山で開催された『おかやまマラソン2018』に初挑戦し、 約6時間8分14秒という記録で見事完走を果たした。

『おかやまマラソン2018』は2015年からスタートした市民マラソン大会。 岡山県総合グラウンドからスタートし、 JR岡山駅前のメーンストリートや、 岡山城、 日本三名園の一つ岡山後楽園などの観光拠点の周辺を巡るほか、 田園風景や河畔など岡山の景観の変化を楽しめるということで応募者が殺到する人気の大会だ。今大会はバルセロナオリンピック、 アトランタオリンピックの銀メダリスト・有森裕子がスペシャルアンバサダーとして参加したほか、 ゲストランナーとして奥華子の他にもお笑い芸人から千鳥の大吾や、 小島よしおが参加していた。 奥華子はこの大会の参加を決意する半年前までハーフマラソンはもちろん、 日々のトレーニングさえも一切していない状況からの参加となったが、 出走を決めた際に『未知の世界に挑戦してみます! 自分自身、 見た目も気持ちも鍛えて、 いい曲を書けるようになりたいです』と意気込みを語っており、 日々の練習経過は今回共に出走したFM岡山の人気DJ 牛嶋俊明の番組『ドリームファクトリー』内でも番組企画として定期的にレポートされてきた。

マラソン初挑戦での完走を成し遂げたことに奥華子は『初めてのフルマラソンで不安でしたが、 沿道にいる岡山のみなさんの応援が凄く熱くて泣きそうになりながら必死で走りました。 最後関門の1分前にギリギリ通過して無事に完走できました。 誰かの「がんばれ!」の声が絶え間なく聞こえたフルマラソンは私にとって本当に貴重な経験でした』と達成感と喜びを語った。

失恋ソングの女王が肉体的にも精神的にも追い込んだマラソンを経験することによって、 今後のアーティスト活動をどう疾走させていくのか非常に楽しみである。



【関連リンク】
奥華子、初のフルマラソンを約6時間8分14秒で完走!
奥華子まとめ
コブクロ、思い出の地・道頓堀での船上ライブ公開収録に5000人が歓喜