NEWS & TOPICS

音と映像の最新テクノロジーを紹介する『WOW Studio』が開催

11月2日から11月4日までの3日間にわたり、東京・渋谷キャストスペース・ガーデン、ソニースクエア渋谷プロジェクト、渋谷モディ1F 店頭プラザにて、ソニーの最新テクノロジーや研究開発段階のプロジェクトを体感できる実験的な展示を集めたイベント『WOW Studio』が開催された。その報道向け説明会&内覧会の様子を紹介したい。

同イベントは、渋谷区観光協会と渋谷未来文化デザインが立ち上げた文化創造プロジェクトに「#SCRAMBLE」に、ソニーが企業として参画し「#SCRAMBLE×Sony」として、10月中旬より渋谷駅周辺各所で行っている様々な取り組みの一環となる。

ソニーが大々的に関わっているイベントということで、未来のグラフィティアートが体験できる「Doodle Pen(ドゥードゥルペン)」や、現実世界の音と仮想世界の音が混ざり合った新感覚の音のAR体験が楽しめる「迷子のおばけたち-Sound AR with Xperia Ear Duo(サウンドエーアール ウィズ エクスペリア イヤー デュオ)-」、未来のゲームセンターをイメージした新感覚のエアーホッケー「A(i)R Hockey(エーアール エアーホッケー)」など、音と映像をモチーフとした展示物や体感コーナーが特徴となっている。会場で「Doodle Pen」を使い、ライブグラフティングを披露したグラフィティアーティストのNumber-Dは、同ペンの使い心地を「手を動かしてから、実際に線に反映されるまでの違和感というのがなく、誰でも楽しめると思いました」と体験談を語っていた。

説明会に渋谷観光協会理事金山淳吾氏と共に登壇した、ソニーブランド戦略部統括部長・森繁樹氏は「実験的な未来のエンターテイメントを『渋谷区でぜひ出来ないか?』というのはずっと思っていました」と以前からイベントの青写真を描いていたと明かす。金山氏から話を持ち掛けられたときは、お互い手探りだったようで「大きな企画書もなく、思いは共通ということで、それぞれ持ち寄ってとにかくやってみようということに(なった)。ホント突貫でね、やってしまったというところなのですが(笑)」と苦笑しつつも、「こんなことをできる機会はなかなかないので、本当にありがたいと思っています」と心境を語った。

後半には、SIX INC.クリエイティブディレクター斎藤迅氏とDJ moeが登壇し、「#SCRAMBLE×Sony」の一環としてハチ公前広場で10月20、21日に開催された『Lyric DJ』の様子が紹介された。同イベントは、DJ向け楽曲管理アプリケーション「rekordbox」に、歌詞をビジュアライズする機能を追加した「rekordbox lyric」を使用して行われたもので、従来の音と音を繋ぐパフォーマンスに加えて、スクリーンに歌詞が表示されるという新しいDJスタイルが特徴だ。イベント中にDJのひとりとして出演したmoeは「歌詞が表示されるというのを見て、歌詞を口ずさんだり、踊ったりしてくれて、それまでのDJと違う一体感が生まれた。私もいつもと違う体験ができて楽しかったです」と感想を語った。

今回の『WOW Studio』でも「Co -creation Performance Stage(コクリエーションパフォマステジ)」 と題して、ソニーの体感型ステージ「Interactive CUBE(インタラクティブキューブ)」の中にDJが入り「rekordbox lyric」などを活用したDJプレイが披露された。2日(金)にはDJ和、DJ CELLY 、ami(SALON)が、3日(土)にはDJ HASEBE、DJ DYE(THA BLUE HERB)、鎮座DOPENESSが出演、4日(日)にはtomad(Maltine Records)、DJ-YAMA、fazerockがパフォーマンスを行うという、実に興味深いイベントとなっている。



【関連リンク】
音と映像の最新テクノロジーを紹介する『WOW Studio』が開催
土岐麻子、tofubeatsとWONKのremix曲を配信&アナログ盤で発売