NEWS & TOPICS

奥華子、市制60周年を迎える草加市のアニメにオリジナル曲を提供

細田守監督作品『時をかける少女』の主題歌「ガーネット」や「変わらないもの」などのヒット曲を歌うシンガーソングライター・奥華子が、 埼玉県草加市が制作するアニメの主題歌を担当した。

11月1日に市制60周年を迎える 埼玉県草加市は、 この節目をキッカケに市内外に市の魅力を発信すべく、市民参加型のイベントなど、さまざまな事業に取り組んでいる。 ポニーキャニオンでは11月11日に開催する記念式典を含める一連の記念事業のプロデュースを行なっており、 オリジナル・アニメーションもそのひとつだ。 奥華子はそのアニメの主題歌として オリジナル楽曲「心が帰る場所」を提供し、草加市の街並みや住む人々の笑顔が思い浮かぶ、 心温まる楽曲となった。

奥華子は今回の楽曲制作について“草加の街を実際に歩きながら楽曲制作をさせて頂きました。 歴史ある松並木の風景など、 草加を感じる歌詞にも注目して頂きたいです。 アニメーションと共にたくさんの方に草加の魅力が伝わる曲となれば幸いです”と作品への思いを語っている。

なお、草加市のアニメ『きみの待つ未来(ばしょ)へ』は、 11月11日(日)に草加市文化会館で開催される『草加市制60周年記念式典』内で初披露後、 YouTubeでも公開する予定とのことなので、公開を楽しみに待っていよう。



【関連リンク】
奥華子、市制60周年を迎える草加市のアニメにオリジナル曲を提供
奥華子まとめ
ONE N' ONLY、初の東名阪Zeppツアーが大盛況