NEWS & TOPICS

ASIAN KUNG-FU GENERATION、YUKI、クリープハイプなど9月リリースの作品13作を紹介

フリーマガジンokmusic UP's vol.168(8/20発行)、 vol.169(9/20発行)に掲載中の『DISC GUIDE』から、9月リリースの作品13作を紹介!

1.『パンクロックの奴隷』/亜無亜危異
2.『タイム・ラプス』/きのこ帝国
3.「ボーイズ&ガールズ」/ASIAN KUNG-FU GENERATION
4.『泣きたくなるほど嬉しい日々に』/クリープハイプ
5.「トロイメライ」/YUKI
6.「ありがとう」/高橋 優
7.「とってもうれしいたけ」/ヤバイTシャツ屋さん
8.『REBROADCAST』/the pillows
9.『CHANGE OF GENERATION』/Unlucky Morpheus
10.「楽園への進撃」/Linked Horizon
11.『For A Lonely Heart』/FIVE NEW OLD
12.『手』/teto
13.「MY LIFE IS BEAUTIFUL ~1パイントの勇気~ / Sun Comes Up」/Rihwa

『パンクロックの奴隷』/亜無亜危異

Album 9/5 Release



CROWN STONES/日本クラウン
CRCP-40560
¥3,241(税抜)
※DVD付

今年1月にオリジナルメンバー4人で“不完全復活”を遂げた亜無亜危異がなんと新作を完成! 全6曲とはいえ、どれも粒揃いの楽曲ばかりで、強烈な個性と反骨心を剥き出しにしたパンク精神は不変と言っていい。シンガロング必至のノリのいい表題曲もカッコ良いし、他に現代を風刺した「タブーの正体」、政治を糾弾する「弱者の行進」など痛烈なものが並ぶが、親しみやすいパンクサウンドは胸にスッと入ってくる。
TEXT:荒金良介

『タイム・ラプス』/きのこ帝国

Album 9/12 Release



EMI Records
【初回限定盤(2CD)】
UPCH-29305〜6 ¥3,500(税抜)
※自主制作インディーデビュー前の音源CD付
【通常盤(1CD)】
UPCH-20494 ¥2,800(税抜)

冒頭の「WHY」から歌もサウンドもより凛と澄んだ感じで、晴れた日の午後に合うように清々しい。「&」での《hate》と《love》の混在もありのままナチュラルだし、《本当は抱きしめたいのにそれができない》という佐藤千亜妃(Vo&Gu)の言葉が胸を撃ち抜く。生きにくい時代背景を踏まえていて、やさしく染みます。「カノン」「夢みる頃を過ぎても」が訪れた際のカタルシスはすごい! 結成10周年を飾る、待った甲斐のある名盤。
TEXT:田山雄士

「ボーイズ&ガールズ」/ASIAN KUNG-FU GENERATION

Single 9/26 Release



Ki/oon Music
【初回生産限定盤(DVD付)】
KSCL-3094 ~ 5 ¥2,000(税抜)
【通常盤】
KSCL-3096 ¥1,000(税抜)
【アナログ盤】 11/03 Release
KSKL-8536 ¥1,400(税抜)

ニューシングルは意見が飛び交うこの時代の道標となるヒューマンソング。ミディアムテンポに乗せ、焦りや妬みに負けじと自分が信じたいものを見つけるように歌う歌詞は、2017年6月に後藤正文(Vo&Gu)のオフィシャルサイトで公開されていることから、ずっと言いたかったことのように感じる。ファルセットを交えた歌声でやさしく語りかけ、注意喚起しながら素直さを取り戻させるこの曲、きっと誰もが振り向くだろう。
TEXT:千々和香苗

『泣きたくなるほど嬉しい日々に』/クリープハイプ

Album 9/26 Release



UNIVERSAL SIGMA
【初回限定盤(DVD付)】
UMCK-9964 ¥3,996(税込)
※仕様:丸スチール缶パッケージ
    +半円型ブックレット+栞
【通常盤】
UMCK-1607 ¥2,970(税込)

2年振りリリースする5thアルバムは「栞」「イト」といった話題曲も収録しながら、奇をてらうことなく、ほぼ直球で勝負した、とても気持ちの良い一枚に。独特の世界観を持った歌もさることながら、カントリータッチ、黒っぽいリズム、ジャズのアンニュイを交えながら、ぐっとソリッドになったガレージロック風の演奏にバンドの実力がうかがえる。本作リリース後のライヴハウスツアーが楽しみだ。
TEXT:山口智男

「トロイメライ」/YUKI

Single 9/19 Release



EPIC Records Japan
ESCL-5105
¥1,200(税抜)
※初回仕様限定盤
※紙ジャケット仕様

切なく美しい鍵盤のフレーズで始まり、YUKIの歌がやさしく鮮やかに“人生”を彩り描いていく表題曲は映画『コーヒーが冷めないうちに』のために書き下ろされた主題歌。《何度でも笑うのよ 何度でも許されていいから》というフレーズひとつにも願いが込められていて、揺れる気持ちを抱えて歩いていく道のりを抱きしめてくれる、涙なしでは聴けない曲に仕上がっている。両手を広げるような開放感がある「かたまり」もYUKIらしい。
TEXT:山本弘子

「ありがとう」/高橋 優

Single 9/19 Release



unBORDE/ WARNER MUSIC JAPAN
【期間生産限定盤(DVD付)】
WPZL-31504〜5 ¥2,000(税抜)
【通常盤】
WPCL-12927 ¥1,200(税抜)

映画『パパはわるものチャンピオン』の主題歌として書き下ろした20thシングル。時にすれ違ったり、心で思っていることを口に出せない時があっても深いところでつながっている家族の絆を感じさせる、普遍的で温もりのあるナンバーとなった。感謝の気持ち代わりに大切な人にプレゼントする曲としても愛されそう。カップリングには高橋と亀田誠治によるユニットであるメガネツインズの楽曲「First and Last Love」も収録。
TEXT:山本弘子

「とってもうれしいたけ」/ヤバイTシャツ屋さん

Single 9/19 Release



UNIVERSAL SIGMA
【初回限定盤(DVD付)】
UMCK-9949 ¥1,500(税抜)
※デジパック仕様
【通常盤】
UMCK-5657 ¥1,100(税抜)
※デジパック仕様

今夏も全国のフェスを席捲したヤバTの最新作。前のめりな高速ビートと重心の低い骨太サウンドに早口ヴォーカルを畳み込むハードコアナンバー1曲目「KOKYAKU満足度1位」は、“狙いすぎ”なほど盛り上がり必至なライヴチューン。《おい! Oi!》と声を上げて始まり、アゲポイントも多数投下。無意味な歌の掛け合いも心地良く、“ライヴで聴きたい!”とうずうずさせる。同時発売のライヴDVDと併せて楽しめ!
TEXT:フジジュン

『REBROADCAST』/the pillows

Album 9/19 Release



DELICIOUS LABEL
【初回限定盤(DVD付)】
QECD-90008 ¥3,500(税抜)
【通常盤】
QECD-10008 ¥3,000(税抜)

蜜月関係のアニメ『フリクリ』が18年振りに復活するなど、来年の結成30周年に向けて活気付くthe pillows。22枚目のオリジナルアルバムは《もう一度やり直しを望んでもいい?》と歌う表題曲を1曲目に置き、その強い意志でまたも驚くべき脱皮を遂げている。今までにないスポークンワード的なヴォーカルが光る「ニンゲンドモ」。世の中のありさまに言及したラインも増えた。何かと新しくて、かなり聴き応えあります!
TEXT:田山雄士

『CHANGE OF GENERATION』/Unlucky Morpheus

Album 9/19 Release



Canned Music
ANKM-0030
¥2,500(税抜)

Fuki CommuneのFukiこと天外冬黄(Vo)とBABYMATALの神バンドに在籍し、電気式華憐音楽集団でも活躍する紫煉(Gu)を中心とするコミケでも人気のバンドの2ndフルアルバム。シンフォニックメタル、ゴシックメタル、スピードメタルなど軸にあるのは超メタル魂。そのテクニカルな演奏、バイオリンを配した様式美サウンドは「Knight ofSword」のMVでも堪能できる。美メロでありつつ濃厚な味わいで攻める一枚。
TEXT:山本弘子

「楽園への進撃」/Linked Horizon

Single 9/19 Release



PONY CANYON
【初回盤(Blu-ray付)】
PCCA-04724 ¥1,759(税抜)
【通常盤】
PCCA-04725 ¥1,204(税抜)

アニメ『「進撃の巨人」 Season 3』のエンディングテーマとなった「暁の鎮魂歌」を筆頭に同アニメの世界を描いた全3曲を収録。「黄昏の楽園」はすずかけ児童合唱団の歌声とともに鳥の鳴き声などのさまざまな効果音が飛び交う神秘的なナンバーで、そのムードを塗り潰すように「革命の夜に」が始まり、加速していくリズムとコーラスのハイトーンには鳥肌が立つ。「暁の鎮魂歌」で指揮を執るように旋律を操るRevoの力強い歌声にも注目だ。
TEXT:千々和香苗

『For A Lonely Heart』/FIVE NEW OLD

EP 9/19 Release



TOY’S FACTORY
【CD】
TFCC-89659 ¥1,800(税抜)
【Vinyl】
TFJC-38032 ¥1,500(税抜)

昨年6月にメジャーデビューした神戸出身の4人組がEPをリリース。ゴスペルのマナーを使って葛藤と向き合う想いを歌った「Gotta Find A Light」、オルタナティブなロックサウンドを80’s風に味付けした「Youth」、R&Bにジャジーなニュアンスを加えた「Melt」の3曲を収録。ブラックミュージックやハウスの影響を消化しながら奏でるアーバンなポップサウンドの魅力を、それぞれに違う手法でアピールしている。
TEXT:山口智男

『手』/teto

Album 9/26 Release



UK.PROJECT
UKCD-1173
¥2,600(税抜)

人気をグングンと高めている4人組の1stアルバムは自主制作盤収録の「高層ビルと人工衛星」「Pain Pain Pain」の再録を含む全15曲入り。パンク衝動とフォーキーな歌心を武器に、前傾姿勢のライヴで観る者を心を鷲掴みにする彼ら。今作はそんなバンドの振れ幅を過不足なく見せた楽曲が並ぶ。ラウドな爆発力にしびれる「洗脳教育」、アコギを用いたカントリー調の「種まく人」と表現力に磨きをかけた曲調に唸る一枚。
TEXT:荒金良介

「MY LIFE IS BEAUTIFUL ~1パイントの勇気~ / Sun Comes Up」/Rihwa

Single 9/26 Release



TOY’S FACTORY
【初回限定盤(DVD付)】
TFCC-89657 ¥1,667(税抜)
【通常盤】
TFCC-89658 ¥1,111(税抜)

ハッピーなバイブレーションを感染させる力を持つRihwaの両A面シングル。「MY LIFE IS BEAUTIFUL ~ 1パイントの勇気~」は多保孝一、UTAとタッグを組みアイリッシュサウンドを取り入れたナンバー。一方の「Sun Comes Up」は映画『プラダを着た悪魔』の主題歌でグラミー最優秀ポップ・ヴォーカルにノミネートされたKTタンストール初プロデュース曲で太陽の光が降り注ぐような楽曲となっている。
TEXT:山本弘子



【関連リンク】
ASIAN KUNG-FU GENERATION、YUKI、クリープハイプなど9月リリースの作品13作を紹介
ASIAN KUNG-FU GENERATIONまとめ
YUKIまとめ
クリープハイプまとめ
ANARCHYまとめ