NEWS & TOPICS

the peggies、ワンマンライブでTVアニメ『青ブタ』主題歌「君のせい」初披露

the peggiesのBa.石渡マキコの誕生日である8月27日(月)に、下北沢SHELTERでワンマンライブ『とびだせペギちゃんマン! ~Born in the ME.GA.MAKIKO~』が開催された。石渡が23歳の誕生日を迎える事から、当日は23歳以下のファンを優先入場させ、若いパワー溢れるライブとなった。

詰めかけたファンで下北沢SHELTERの会場は超満員。この日、ライブチケットは早々にソールドアウトしており、石渡の誕生日も祝えるプレミアムなライブとなった。1曲目に7月5日(木)に配信リリースされた『なつめきサマーEP』収録の「ボーイミーツガール」を披露、ファンは初っ端から手を突き上げて応えた。その勢いを保ったまま、メジャーデビュー曲「ドリーミージャーニー」と続ける。「ちゅるりらサマフィッシュ」では、the peggiesのライブでは恒例の「すいかわっしょいコール」で会場はひとつに。そしてVo&Gt.北澤ゆうほが“今日は本当に沢山の方に来ていただいて、本当にありがとうございます。大混雑なので、体調に気をつけて楽しんでください!”と声をかける。“実は、私たちthe peggiesが15歳の時、人生2回目のライブをした場所がここ下北沢SHELTERで、すごく嬉しいです。次の曲は、生まれて初めて書いた曲です”と披露されたのは「アイラブユー」。この曲は、the peggiesが学生時代、初めて書いたオリジナル曲。

狂気的な愛を歌う「ブリキ」、約1年ぶりとなったインディーズ曲「青春なんかに泣かされて」を披露。“みんなで夏の最高の思い出作れる!?”と叫び観客を煽ると、7月に配信リリースされたばかりの「サマラブ超特急」と続いていく。Vo&Gt.の北澤ゆうほのギターソロでは観客が手を叩き、ジャンプし、ライブハウスに灼熱の夏の風が吹いた。疾走感溢れる「かみさま」とアップテンポなロックチューンを披露すると、一転、「遠距離恋愛」ではしっとりと歌い上げる北澤ゆうほの声に観客は静かに聞き入った。

MCでは大貫と石渡のゆるいトークが繰り広げられる。毎年の誕生日の過ごし方で、大貫の誕生日は石渡と大貫の二人で過ごす事が多く、一年で一番酔っ払う日になるという。その場に居なかった北澤からは拗ねたような声が漏れ、会場は笑い声と和やかなムードに包まれた。そんな雰囲気とは一転、「ネバーランド」ではがむしゃらに夢に突き進む、熱く、ソリッドな面を魅せつける。

そして、「JAM」では痛々しいほどに切実な心の闇を感じさせる、叫びにも似た歌声を観客に届け、ロックバンドである事を強く印象付けた。北澤から“こんな思い入れのある場所、そしてメンバーの誕生日で、みなさんとこんな素敵な時間を過ごせたことに本当に感謝しています。もっともっと楽しくなれるように、みんなともっと近づけるように、盛り上がっていきましょう!ミク、カモン!”と告げられると、Dr.大貫の小気味のよいリズムから、ドラムソロセクションが始まる。パワフルなドラミングに合わせ、観客は手を叩き、一体となってジャンプ。

メンバー紹介として、大貫のパワフルなドラム、石渡のグルーヴィーなベース、とそれぞれソロを披露、メンバーのプレイに歓声が沸き起こると、北澤よりサプライズの誕生日ケーキがプレゼントされた。ベースが飾られたデザインのケーキに灯った蝋燭の火を消し、観客からは“誕生日おめでとう!”と大歓声が沸き起こった。大貫が“行けんのか、下北沢!”と叫び、そのままダンサブルなラブソング「恋の呪い」を演奏。そして、更にオルタナポップなラブソング「LOVE TRIP」を披露、リズムのキメが心地よく会場に響いた。

続いて、「I 御中~文房具屋さんにあった試し書きだけで歌をつくってみました。~」を披露。この曲は、タイトル通り文房具店の試し書きだけで歌詞が構成されたユニークな楽曲。ノリの良いモータウン・ビートに合わせ、盛り上がりは最高潮に。ここで、北澤が観客に伝えたい事があると口を開く。“私はダメだ、孤独だ、という気持ちになったり、私も10代の頃、ずっと悩んでた時があって、死んじゃいたい、と思うこともあった。でも、人は孤独だと感じていても孤独になることなんて無いから、『自分は孤独じゃない』と受け入れる勇気が必要だと思っていて、私は全然人と話せなかった時があって、今こうやってみなさんとお話できている今の私が居て。そんな、思い悩んだ時に書いた曲を聴いてください”そう語ると、「いきてる」の演奏が始まった。生きることについて、北澤の解釈で歌ったこの曲では、誰もが感じた事のある心の痛みを包み隠さずに切実に歌い上げ、潤んだ北澤の瞳からは底知れぬパワーが感じられる。しんと静まり返った会場には、観客のすすり泣く音が響く。鳴り止まない拍手で本編が終了した。

会場全体からのアンコールに応えthe peggiesが再び登壇すると、北澤が明るく“みなさんに新しいお知らせがあります!”と観客に話しかける。11月7日(水)に、the peggiesの3rdシングル「君のせい」がリリースされることが発表された。更に、この新曲「君のせい」が、10月から始まるTVアニメ『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』のオープニングテーマに抜擢される事を話すと、会場はファンの歓声に包まれた。そして早速、新曲「君のせい」が初披露された! 初披露とは思えぬほどに、観客はこの日一番の盛り上がりを見せた。そして改めて今日来て頂いた事への感謝を述べると、インディーズ時代からの代表曲「グライダー」を演奏し、スペシャルなライブが幕を下ろした。

ライブ終了直後には、ニコニコ生放送『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』の第二回特別番組にもシークレットゲストとして出演した。制作秘話や意気込みをじっくりと語った。シングル「君のせい」のリリースは11月7日(水)、すでに予約がスタートしているので必ずチェックしよう。『シングル「君のせい」リリースツアー』は11月20日(火)、仙台からスタート。全国7都市を巡る。こちらのチケットは現在オフィシャル二次先行受付中。

9月にも、仙台で開催される『ロックのほそ道』をはじめ、各地でライブイベントが決定しているthe peggiesの活動をお楽しみに。

TVアニメ『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』

10月放送開始
・TOKYO MX、群馬テレビ、とちぎテレビ、BS11:10月6日(土)23時30分~
・ABC:10月3日(水)26時15分~
・メーテレ:10月6日(土)26時44分~

シングル「君のせい」

2018年11月7日発売



【通常盤】(CD)
ESCL 5119/¥1,050(税込)
※小山健描き下ろしマンガジャケット
<収録曲>
1.君のせい
2.最終バスと砂時計

【期間生産限定盤】(CD+DVD)
ESCL 5120-1/¥1,500(税込)
※TVアニメ「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」田村里美描き下ろしジャケット・デジパック仕様
<収録曲>
■CD
1.君のせい
2.最終バスと砂時計
■DVD
TVアニメ「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」ノンクレジットOP映像



【関連リンク】
the peggies、ワンマンライブでTVアニメ『青ブタ』主題歌「君のせい」初披露
the peggiesまとめ
PassCode、スマホゲーム『アスファルト9』と「Taking you out」MVでコラボが決定