NEWS & TOPICS

そこに鳴る、ライヴ会場限定SG「re:program」MV&アートワーク公開

そこに鳴るが9月27日にリリースするライヴ会場限定シングル「re:program」のMVとアートワークが公開された。MVは前作「掌で踊る」を手掛けた木村和亮(this is the end) がディレクションを担当しており、轟音と目まぐるしい展開で構成された楽曲を多彩なエフェクトと激しく切り替わるカメラワークで再現。また、アートワークはリリースツアーにも銘打たれた『破壊と再生』がテーマとなっている。

さらに、公開とあわせて「re:program」がYouTubeで展開予定のストーリーコンテンツ『未完終戟のヒストーリア-夢幻覇神楽-』の主題歌に起用されたことも発表された。同作は現在、プロジェクト実現のためのクラウドファンディングを実施中だ。

■『未完終戟のヒストーリア-夢幻覇神楽-』オフィシャルHP
https://www.miracred.com/unfin-historia

ライブ会場限定シングル「re:program」

2018年9月27日発売



KOGA-213/¥1,000(税込)
<収録曲>
1.re:program
2.tragic antinomy
3. re:program -demo-

そこに鳴るpresents『破壊と再生』〜「re:program」リリース記念東名阪ツーマンツアー〜

9月27日(木) 愛知・新栄APOLLO BASE
w:鳴ル銅鑼
10月02日(火) 大阪・心斎橋Pangea
w:キタニタツヤ
10月11日(木) 東京・渋谷Milkyway
w:Hello Sleepwalkers



【関連リンク】
そこに鳴る、ライヴ会場限定SG「re:program」MV&アートワーク公開
そこに鳴るまとめ
スカート、映画『高崎グラフィティ。』主題歌を配信リリース