NEWS & TOPICS

ORESAMA、自身最大キャパのワンマンで“一番新しいグルーブを表現したい”

精力的に音源制作とライヴ活動を続けるORESAMAが、最新シングル曲でタイトなリズムにファンキーなビートをねじ込む“ORESAMA流のロック”に挑戦! メンバーの制作とライヴにおけるマインドを紐解いた。

さらに新しいものを取り入れて
ORESAMAの音楽やディスコをブラッシュアップしたいと思った

――ORESAMAは2018年に入り1月に渋谷WWW Xで、4月に恵比寿LIQUIDROOMでワンマンライヴを行ないました。このふたつのライヴを経てどんなマインドが生まれましたか?

小島英也(Gu):これまでもライヴのことを想定して曲作りをしてきたんですけど、ワンマンを定期的に開催して会場も少しずつ大きくなっていくという現状が、その比重をより大きくしているなと感じています。ORESAMAのライヴは踊ってくれてもいいし、お酒を飲んでくれてもいいし、聴き入ってくれてもいい。自由なものにしたいんです。でも僕らがしっかり煽って会場が一体になる瞬間もあっていいと思う。それもあって“ORESAMAのノリとは?”とすごく考えるようになりました。4月にリリースしたフルアルバム『Hi-Fi POPS』でORESAMAの集大成を詰め込むことができたので、さらに新しいものを取り入れてORESAMAの音楽やディスコをブラッシュアップしたいと思ったんですよね。

ぽん(Vo):海外の方、親子連れの方、若い男の子や女の子、私たちより年上の方…ワンマンライブにはいろんな方々がいらっしゃって、その場にいる全ての人がORESAMAを観に来てくれている。会場が大きくなるにつれて、私たちが作っているものがさまざまな人々に広がっていることを実感できるのはすごく嬉しいです。「SWEET ROOM」(シングル「ワンダードライブ」、フルアルバム『Hi-Fi POPS』収録曲)では“ROOM”という場所で完結する世界を歌っているけれど、今作「ホトハシル」のカップリング「ようこそパーティータウン」はORESAMAを“パーティータウン”に見立てて歌詞にした曲なんです。「SWEET ROOM」で綴っている気持ちもずっと持ち続けているんですけど、観ている景色が広がっていて、その景色に感動しているからこそ、「ようこそパーティータウン」みたいな歌詞を書きたいと思ったんだと思います。

――小島さんは以前インタビューで“ぽんちゃんの書く歌詞に影響されて自分の曲もエモーショナルになってきた”とおっしゃっていました。タイアップ作品であるTVアニメ『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所』からの“ロックでクールなものを”というオーダーで、ORESAMA流のロックを表現したという「ホトハシル」はいかがでしたか?

小島:これまでORESAMAが積み重ねてきた経験も相まって、「ホトハシル」はクールさと熱さのいいとこ取りができたなと思っています。打ち込みの機械的で冷たい、クールなカッコ良さと生音の融合が今のORESAMAの音楽の特徴のひとつですし、そこにぽんちゃんの表情豊かな生歌が入ることでクールさと熱さの調和が生まれたなと思っています。

ぽん:音楽活動で躓いてしまった時期に“わたしのエモーショナルな感情を小島くんのトラックに乗せて解放することが今のORESAMAなんだろうな”と気付いたことが現在のORESAMAを作るターニングポイントになった思います。それから少しずつ“「ORESAMAのぽん」はこの曲をどう歌うべきなんだろう?”と考えるようになって、ふたりともエモーショナルなものを大事にしつつ、そのバランスをとるようにしていると思います。

いろんな気持ちを表現することで
ワンダーランドが広がっていけばいい

――小島さんは、「ホトハシル」では初めてタイアップ作品のストーリーを知らないまま楽曲制作をなさったんですよね?

小島:ぽんちゃんはしっかり原作を読み込んだうえで、ORESAMAの言葉として歌詞を書いてくれるので、僕はキービジュアルから受けたイメージと事前の打ち合わせで出た“テンポが速くてロックでクールなもの”等のキーワードから楽曲制作をしていきました。新しいジャンルを取り入れるのはひと筋縄でいかないんですけど、今回は新しい要素とORESAMAの音楽を同居させることに集中できたし、制限をかけて自分なりの解答を出すという環境での曲作りは面白かったです。

ぽん:でも小島くんが原作を読まずに制作するのは初めてだし、不安はなかったのかな?と思ったりはしていて。

小島:僕は情報が多いと追い込まれちゃうから、制限を掛けることは自分自身への手助けでもあるんです。たとえばスマホが手元にあると自分で考えることなくすぐ検索して調べちゃったりするけど、それがないと1個1個自分の頭でよく考えるから想像が膨らむし、その結果“過去にこういうことをやってきたから、このジャンルはこう解釈してみたらどうだろう”と自分と向き合うことにもつながって。

ぽん:小島くんにとっては情報が多くないほうがクリエイティブなものになるんだね。

――おふたりとも作品ごとにさまざまなチャレンジをしてらっしゃるので、毎回感心しています。

小島:チャレンジすることが全然怖くないわけではないけれど…チャレンジに対してちょっと恐怖心があるからこそ慎重に、でも大胆に作れていると思います。「ホトハシル」も速いテンポを16ビートで刻んだことでファンクの要素が出せたし、僕はクリーンギターとスラップベースが好きなので、そのふたつがないと曲が完成とは言えない。自分の手癖をちゃんと入れることが個性になると思っているので、入れたいものは入れるようにしていますね。

ぽん:制作での挑戦は活動を続けていく上での一種の覚悟かもしれません。ライヴではみんなを現実世界からワンダーランドへと連れ出したい気持ちが強いので、そういう心構えでみんなを迎えられたらと思っています。ORESAMAはライヴの会場の規模をどんどん広げているところなんですけど、それでも身近に感じられる存在でありたいなと思います。

小島:ライヴは僕らと、サポートメンバーのベースとDJの4人体制で演奏しているんですけど、テンションが上がってくるとアドリブを入れたくなるし、いつものフレーズが熱を持ったり、演奏方法がその場その場で変わったりして。それはお客さんが盛り上がってくれることや、手を叩いてくれる、歌ってくれることも影響しています。その場のテンションや空気、気分、雰囲気で生みだされてくる音で、その場でしか生まれない曲が生まれてくる場所になってますね。

ぽん:小島くんはライヴでも作曲して、根っからの作曲家だね。今回のシングル「ホトハシル」は、エモーショナルでクールな「ホトハシル」と楽しくてハッピーな「ようこそパーティータウン」という振れ幅のある2曲が揃って、とても面白い一枚になったなと思っています。いろんな気持ちを表現することや、いろんなチャレンジを続けていくことでORESAMAのワンダーランドが広がっていけばいいなと思いますね。みんながみんなそれぞれの楽しみ方をしているフロアを観ているのが、すごく好きなんです。

――おふたりの理想や、ORESAMAの音楽で示していることが目に見えるかたちで表れるのがライヴという場所なのかもしれませんね。ワンマンライヴ『ワンダーランドへようこそ~in AKASAKA BLITZ~』への期待も高まります。

小島:マイナビBLITZ赤坂では一番新しいORESAMAのグルーブを表現したいと思っているので、まだ音源しか聴いたことがない方もライヴで実際に体感していただきたいですね。今は4人のパワーアップを図っているところです。演出も音も楽しめるライヴにしたいと思っています。

ぽん:“ワンダーランドへようこそ”というコンセプトはこれまでと変わらないんですけど、演出面でもバージョンアップをするので、ぜひ楽しみにしていただきたいですね。ライヴメンバーの4人でリハスタに入る回数も増えて、グルーブもどんどん高まっているんです。今回は平日開催なので、現実から非現実に向かう感覚がいつも以上に強いなと思っていて(笑)。とってもわくわくしています。

撮影:西角郁哉/取材:沖 さやこ

【ライヴ情報】
『ワンダーランドへようこそ~in AKASAKA BLITZ~』
9/13(木) 東京・マイナビBLITZ赤坂

【CD情報】
シングル「ホトハシル」
2018年8月22日発売
LACM-14792/¥1,200+税
※初回生産分:三方背スリーブ仕様
<収録曲>
■CD
1.ホトハシル
2.ようこそパーティータウン
3.ホトハシル -Instrumental-
4.ようこそパーティータウン -Instrumental-

シングル「ホトハシル」

2018年8月22日発売



LACM-14792/¥1,200+税
<収録曲>
■CD
1.ホトハシル
2.ようこそパーティータウン
3.ホトハシル -Instrumental-
4.ようこそパーティータウン -Instrumental-



※初回生産分:三方背スリーブ仕様



【関連リンク】
ORESAMA、自身最大キャパのワンマンで“一番新しいグルーブを表現したい”
ORESAMAまとめ
松崎しげる主催『黒フェス』の場外ステージにBOYS AND MEN 研究生、プレイボールズが参戦