NEWS & TOPICS

それでも世界が続くなら、最後のMV「SNSとオフライン」&追加公演発表

それでも世界が続くならの最新MV「SNSとオフライン」が公開された。「SNSとオフライン」はそれでも世界が続くならが8月1日にリリースするアルバム『それでも世界が 続くなら』の収録曲。バンドは9月2日をもって “活動中止”することを発表しており、同作が中止前の最後の作品となる。

MVは「それでも世界が続くならの音楽に出会った少女が、翌日、学校に向かう電車に乗るのをやめる」という視点で制作。SNS を“他者の目を気にする自分”、オフラインを“現実”に例え、平静を装い続ける生活とそれを変えられない音楽の関係をリスナー目線で描いており、バンド側の視点としてライヴ同様に撮影・録音された「イツカの戦争」のMVと対をなす作品となる。メンバーの篠塚(Vo) は「傷ついたら自分のせいにして、それにも疲れ果てて、笑いながら泣いている君と、自分の声が嫌いで、自分も誰かも変えられないで、何のために歌うのか解らなくなった無力な僕の音楽に、オチもなく、また日常に戻るだけの、このミュージックビデオを送ります」とコメントを寄せている。

あわせて新たに追加されたライヴの詳細を発表。8月15日に新宿SAMRAIで行なう『休戦前夜』にCIVILIANとラクルイノヨルニを迎えるほか、活動中止当日の9 月2日の昼に下北沢 CLUB Queでワンマンライヴ『イツカの戦争』を実施。なお、開催日の前日にあたる9月1日は子供の自殺者が年間で最多の日となる“9月1日問題”が起こる日でもあるという。『休戦前夜』のチケットはすでに完売、 『イツカの戦争』のチケットは8月1日10時から販売される。

■【コメント】

■篠塚将行(それでも世界が続くなら)
僕らは孤独だ。フォロワー、LINE グループ、どんなに繋がってい流ように見えても、誰だって誰のこともわからない。音楽で救うとか音楽に救われたとか君は言うけど、もしも音楽なんか聴いただけで救われたんなら、救ったのは音楽じゃない、それは君自身、自分なんだと思う。手柄は誰かにあげて、傷ついたら自分のせいにして、それにも疲れ果てて、笑いながら泣いている君と、自分の声が嫌いで、自分も誰かも変えられないで、何のために歌うのか解らなくなった無力な僕の音楽に、オチもなく、また日常に戻るだけの、このミュージックビデオを送ります。

アルバム『それでも世界が続くなら』

2018年8月1日発売



BZCS-1166/¥1,852+税
<収録曲>
1.イツカの戦争
2. 魔王とバッドエンド
3. SNSとオフライン
4. 銃声のエンターテイメント
5. 春と呪い
6. ハピネス
7. ユートピアの生活費

アルバム『ALL TIME BEST ALBUM 2011-2018「僕は音楽で殴り返したい」』

発売中



BZCS-1163/¥2,778+税
<収録曲>
■CD
1.参加賞
2.水色の反撃
3.弱者の行進
4.狐と葡萄
5.響かない部屋
6.スローダウン
7.一般意味論とアリストテレス
8.優先席
9.自殺志願者とプラットホーム
10.奇跡
11.正常
12.この世界と僕の話
13.シーソーと消えない歌
14.11月10日
15.成長痛
16.Re:僕がバンドを辞めない理由
■DVD
それでも世界が続くなら LINE LIVE配信限定 無観客ONEMAN LIVE 「消える世界と五十日前」
1.人間の屑
2.深夜学級
3.就寝系
4.正常
5.三分間の猶予
6.消える世界のイヴ
7.アダムの林檎
8.水色の反撃
9.かけがえ
10.弱者の行進
11.狐と葡萄
12.11月10日
13.参加賞
14.響かない部屋
15.落下
16.一般意味論とアリストテレス
17.無罪と罰
18.奇跡
19.チルの街

3rd Mini Album「それでも世界が続くなら」発売記念インストアライヴ

8月01日(水)18:30〜 北海道・タワーレコード札幌ピヴォ店 イベントスペース
8月12日(日)19:15〜 東京・タワーレコード渋谷店 4F イベントスペース



【関連リンク】
それでも世界が続くなら、最後のMV「SNSとオフライン」&追加公演発表
それでも世界が続くならまとめ
CIVILIANまとめ
ラクルイノヨルニまとめ
Migimimi sleep tight、連続配信シングル第1弾リリース&MV公開