NEWS & TOPICS

D.W.ニコルズ、初の野外ワンマンはもちろんお子さまもウェルカム! “感謝の気持ちを表したい”

D.W.ニコルズが、2018年9月2日(日)に<「D.W.ニコルズのニコニコ感謝祭」〜はじめての野外ワンマン!あらためまして、ありがとう〜>を開催する。

タイトルにもある通り、これがバンドにとって初の野外でのワンマンライブ。どう考えても野外が似合うグッドミュージックを紡ぎ続けてきたニコルズなだけに、その事実を意外に思う人も多いはずだ。なぜ4人は野外でのワンマンをやろうと思ったのか。その話を訊くと、ニコルズの今が浮かび上がってきた。

■野外でおもしろいことをやっていることをどんどん発信していきたい

──まず、初の野外ワンマンをやろうと思った経緯からお訊きしたいです。

鈴木健太(以下、鈴木):昔から大小問わず野外イベントにはすごく誘われますし、誘われるときも“ニコルズは絶対に野外で観たい”と言ってもらえていたんですよね。で、野外でライブをやれば必ずファンの方や主催者の方に喜んでもらえていたので、いつか野外でワンマンをやりたいねっていう話はずっとしていたんですよ。それがこのタイミングでやることになったのは……萬玉(あい:以下、萬玉)が入ったのっていつだっけ?

千葉真奈美(以下、千葉):去年。

鈴木:えっ、去年?

千葉:うん。去年の頭(2017年1月)。

鈴木:去年入って(笑)、ミニアルバムを2枚(『スマイル4』『スマイル5』)出したんですけど、本当にいいドラマーで、ニコルズの可能性をすごく広げてくれたんですよ。それでいろんなことにチャレンジすることができて、今年、このメンバーになってから初のフルアルバム(『HELLO YELLOW』)を出したんです。「あらためまして、こんにちは」というコンセプトで、これからの自分たちの名刺代わりになる、代表作になるものを作ったんですよね。

──萬玉さんが加入されてから、それこそ“去年だっけ?”っていう感覚になるぐらい、かなり密な時間を過ごしていたと思うんですが。

わたなべだいすけ(以下、わたなべ):おっしゃる通りです。

──萬玉さんとしては、初のアルバム制作はいかがでした?

萬玉:私はニコルズがずっと好きだったので、こういう曲はニコルズらしいなって思う気持ちと、こういうのは聴いたことがないけど聴いてみたいなっていうものが、自分の中にあって。そういう意見を出すと、すごく取り入れてくれるんですよね。そういう意味では、変わらない部分もありつつ、新しさも感じてもらえるアルバムになったんじゃないかなと思います。

千葉:(萬玉)あいちゃんが入ってからのミニアルバム2枚で、これからのニコルズに必要であろうエッセンスを盛り込みながら実際にやってみて、自分たちとしてもすごくしっくり来たんですよね。それを経た上でのフルアルバムだったので、さらに音楽的にメンバーみんなが楽しんで作れている感じがあったし、これからのニコルズが1つ見えたところもあって。

──とにかくいま、バンドがめちゃくちゃいいムードなんですね。

わたなべ:これだけのキャリアで、アルバムを作って最高のものができることって、意外と難しいと思うんです。やっぱりだんだん落ちていくものだと思うし、バンド内の空気も滞ってくるというか。でもそうではなく、こういう状態でいられることはありがたくて。

鈴木:じゃあ、なんで今そういう状態でいられているんだろうって考えると、やっぱり感謝の気持ちが大きいんですよ。ファンのみんなもそうだし、周りのスタッフや全国のいろんな方々が応援してくれたから、今こうしていられるわけで。その人たちに自分たちが音楽を続けていられることの感謝をどう表そうかと思ったときに、前からやろうと思っていた野外でのワンマンライブを、このタイミングでついにやろうかって。

わたなべ:あと、全国的に親子連れのファンが増えてきていて、ライブの時間帯も早めになってきているんですよ。それもあわせて、今がちょうどいいのかなって。

──今回のアルバムツアーでは、東名阪でファミリーライブも開催されてますよね。

わたなべ:<ファミリーライブ>と銘打ってやるのは初めてなんですけど、ちびっ子たちが思う存分走り回ったり、歌ったりできるライブができたらいいなと思って。静かな曲をやると退屈しちゃう子もいるだろうから、元気な曲で、僕らが子どもたちやその家族に伝えたいメッセージを込めた歌を、短い時間でギュッとやって、料金も安くしてやっています。

──名古屋と大阪はこれからですが、東京公演はいかがでした?(取材日は7月18日)

わたなべ:すごくいい雰囲気でしたよ。

千葉:もう本当に普通のライブには連れていけないぐらい小さい子を連れてきている方もいて。

──2、3歳ぐらい?

鈴木:いや、もっと小さい子です。

千葉:赤ちゃんですね。ニコルズのライブは小さい子を連れて来ていただいても全然大丈夫なんですけど、普段のライブだと周りに気を遣ったり、集中して観られなかったりする方もいると思うんですよね。ファミリーライブは、そういう人たちのためのライブでもあるんですよ。小さい子が多かったから、会場は本当にギャーギャーしていたんですけど(笑)、それがよかったです。そういうところも含めて楽しんでもらうコンセプトだったので。

萬玉:でも、ライブが始まる前までは今までにない賑やかな感じだったんですけど、始まったらいつも通りだったかもしれないです。

わたなべ:ニコルズって、ファミリー向けのライブでも全部自分たちの曲でやれるんです。たとえば子どもが好きそうな歌をカバーする必要がないというか。だから内容的には、ファミリーライブも普段のライブも、実はほとんど変わっていないんですよ。

鈴木:セットリストだけ見たら本当に普段と変わらないんです。いつもよりも時間が短くて、アコースティックセットで音量を少し抑えているというぐらいで。

わたなべ:だから、いつもと違うライブをした意識はなくて。そこがすごいところだなと自負してますね。

──普段から全年齢が楽しめることをしているわけですからね。ファミリーライブは今後もやられるんですか?

わたなべ:手応えもあるのでやっていけたらいいですね。あと、今のちびっ子ファンたちが中高生ぐらいになったときに、僕らは売れると思うんですよ(笑)。

千葉:中高生の口コミパワーはすごいからね(笑)。

わたなべ:だから今は仕込みの段階です。まだまだがんばらないと。

──上野の野外ワンマンでは、小学生以下のお子さまには風船をプレゼントされるそうですが。

わたなべ:「風船プレゼント」って書いてあると、“あ、子どもたちも行っていいんだね”って思ってもらえるじゃないですか。

鈴木:そこは“僕らはウェルカムですよ”という意思表示の1つですね。

わたなべ:“こちらは扉をあけていますよ”っていう。あとは単純に、せっかく来てくれたのであれば何か記念になるようなものを子どもたちにあげたいなって。来てくれた人になにかをあげたい気持ちはやっぱりあるんですよね。

──野外ライブ自体は数え切れないほどやられていますけど、その魅力や思い出というとどんなものがありますか?

わたなべ:僕は神奈川県出身なので、地元の海の家とか、海の近くのイベントはやっぱり気持ちいいですね。照明がバシバシ当たるライブハウスよりも、やっぱり風とか太陽の光を感じながら歌うほうが気持ちいいですし、曲を作ることもスタジオに入るのも日中が多いんですよ。そうやって生まれてきた曲たちは、昼間に外でやるほうが自然なのかなっていう気はしますね。

──萬玉さんはいかがですか?

萬玉:まだニコルズのメンバーになってないときに、お試しで初めてサポートさせてもらったのが、<GO OUT CAMP>っていうイベントで野外のステージだったんですけど。そのときに“絶対に楽しいし、ニコルズの魅力を一番知ってもらえると思うから”って言われたんですよ。

わたなべ:僕らとしては、一番楽しいことを経験してもらいたかったんですよ。あの景色を観たら絶対にニコルズに入りたくなるはずだ!と思ったので。それにまんまとハマってくれましたね(笑)。

──実際にやってみて楽しかったですか?

萬玉:緊張しすぎて全然覚えてないんです(苦笑)。でも、1年経ってまた同じステージに立たせてもらったら、いろんな景色がやっと見えました(笑)。

千葉:野外でやるときにいつも思うのが、オーディエンスの方々の開放感がすごすぎて。やっぱりあのはじけっぷりはライブハウスとは違って独特だなって思うんですよ。

──なんなんでしょうね、野外のあの高揚感って。

千葉:なんなんですかね? なにをやってもOKみたいな空気というか。

鈴木:いやいや、なにをやってもOKなわけないでしょう(笑)。
千葉:そうなんだけど(笑)、普段“フゥー!”とか言わない人が言っちゃう感じがあるじゃない? あの感じはやっぱり野外ならではだし、それが伝わってきて、こっちもワー!ってなれるから、あの空気感は病みつきになるというか、魅力の1つだと思います。

──鈴木さんはいかがでしょうか、野外ライブの魅力や思い出というと。

鈴木:野外フェスというと、今をときめくロックバンドが出てきて、みんなで拳を振り上げる、みたいな。そういう印象が一般的には強いのかなと思うんですけど、そういうフェスに初めて出させてもらったのが<RISING SUN ROCK FESTIVAL>で。結構大きいステージだったんですけど、そのときに“そうじゃない景色”を観たんですよね。自分たちがライブをやったら、それまでなんとなく自分が思っていたフェスの雰囲気とは違う、すごいピースフルな光景を観れて。“野外音楽フェスって、これなんじゃないか?”って思ったし、自分たちは他の人たちとは違った野外ライブができるんだって思えたんですよね。そういう雰囲気の野外ライブを、今度は自分たち発信でやることにすごく意義を感じていて。だから、今回のワンマンでは、これが僕らの野外ライブなんだよっていうものをちゃんと観せたいなと思います。

──これからはぜひ定期的にやっていただきたいです。

鈴木:まあ、今回が成功すればやれるかなと(笑)。やっぱり野外ライブってすごく大変なんですよね。単純にお金がかかるので。でも、今回はとにかく感謝の気持ちを表したかったので、儲けようなんていうつもりは全然なくて、チケット代もギリギリのところまで下げました。

──“ニコニコ価格”で2525円という。

鈴木:ただ2525円と聞くと、そこまで安いと思わないかもしれないけど、そんな野外ライブの実情を知る人からしたら“これ大丈夫なの……?”っていう(笑)。

わたなべ:すでにいろんな人から心配されてますからね(笑)。

鈴木:1回成功すればまたいろんなことがわかってくるので、まずはそのワンステップにしたいです。

わたなべ:そのためにも、ニコルズは野外でこんなおもしろいことをやっているんだよっていうことを、どんどん発信していきたいですね。今はまだファンの人たちに向けたところで止まってしまっているけど、外でチラチラ見ている人たちに“こっちにおいでよ”って言っていきたいです。そして、日比谷の野音へのステップにしたいですね。

取材・文/山口哲生
撮影:堀 清香

【ライブ情報】
『「D.W.ニコルズのニコニコ感謝祭」〜はじめての野外ワンマン!あらためまして、ありがとう〜』
9月02日(日) 東京・上野水上音楽堂

<チケット>
指定席¥2,525(税込)
※未就学児無料(小学生以上チケット必要)
※中学生以下¥500キャッシュバック
※入場時、小学生以下の方には風船プレゼント!

お問い合わせ:DISK GARAGE(平日12:00~19:00) 050-5533-0888
■チケット情報ページ
https://goo.gl/fnZWoF



【関連リンク】
D.W.ニコルズ、初の野外ワンマンはもちろんお子さまもウェルカム! “感謝の気持ちを表したい”
D.W.ニコルズまとめ
Mrs. GREEN APPLE、映画『青夏』主題歌「青と夏」のダイジェスト映像を公開