NEWS & TOPICS

石崎ひゅーい、映画『そらのレストラン』で2度目の映画出演が決定

シンガーソングライターの石崎ひゅーいが大泉 洋主演映画『そらのレストラン』に出演することが分かった。この映画は、洞爺湖を舞台に2012年1月に公開された『しあわせのパン』、空知を舞台に2014年10月に公開された『ぶどうのなみだ』に続く、北海道映画シリーズ第三弾となる。

『しあわせのパン』では“パン”を分け合う夫婦を描き、『ぶどうのなみだ』では“ワイン”の熟成と親子を描いてきた北海道映画シリーズ。今作では北海道道南にある“せたな町”が舞台となり、海が見える牧場で作り出される“チーズ”をはじめ、その周辺で生産される様々な食材が人々の心を繋ぎ、絆を強めていく様を丹念に描いている。家族や仲間と一緒に生きることによって一人よりもさらなる幸せを育むことができる、みんなで手を合わせ“いただきます”を言った後の笑顔はかけがえのない瞬間であると気づかせてくれるハートウォーミングドラマだ。

今作に大泉 洋、本上まなみ、岡田将生に加え、マキタスポーツ、高橋努、石崎ひゅーい、眞島秀和、風吹ジュン、小日向文世の出演が発表されると同時にティザービジュアルも解禁された。ティザービジュアルは、海が見える広大な牧場で撮影された集合写真。個性豊かな出演者たちは、どこまでも広がる大空の青とすべてを受けとめる大地の緑に負けない笑顔を見せており、本作で描かれる温かさを感じ取ることができる。

石崎ひゅーいは、2016年に公開された映画『アズミ・ハルコは行方不明』(原作:山内マリコ/監督:松居大悟)以来、2度目の映画出演。海が見える牧場で牛を育てながらチーズ工房を営む亘理(わたる)に扮する、主演大泉の仲間でUFO好きの漁師役という難役“隆史”を演じる。

北海道映画シリーズ第三弾となる本作を手掛けるのは、『神様のカルテ』シリーズの深川栄洋監督。せたな町に実在する“やまの会”のメンバーを基盤に描かれた物語は、現代を生きるすべての人々にスープのような温もりを届けてくれるだろう。2019年正月第二弾全国ロードショーとなるので、ファンの方はお楽しみに!

映画『そらのレストラン』

2019年正月第二弾全国ロードショー
<出演>
大泉洋・本上まなみ・岡田将生
マキタスポーツ・高橋努・石崎ひゅーい・眞島秀和
風吹ジュン・小日向文世

監督・脚本:深川栄作
脚本:土城温美



【関連リンク】
石崎ひゅーい、映画『そらのレストラン』で2度目の映画出演が決定
石崎ひゅーいまとめ
ゆず、「うたエール」弾き語りVer配信開始&北川による直筆ジャケット公開