NEWS & TOPICS

湘南乃風、全国アリーナツアーを地元・神奈川公演よりスタート

15周年の節目で7枚目のオリジナルアルバム『湘南乃風 ~一五一会~』をリリースした湘南乃風が、このアルバムを引っ提げた15周年記念全国ツアー『風伝説 ~一五一会 TOUR2018~』を6月30日(土)7月1日(日)の2DAYS、彼らの地元である神奈川・横浜アリーナを皮切りにスタート。ツアー前日にはこのツアーの始まりを告げるかのように関東では梅雨明けが宣言され、ライブ当日はまさに“湘南乃風の夏”の到来を感じさせる太陽がギラつく暑い1日となった。

この日を待ち望んだ風一族(ファンの総称)が、全国から横浜アリーナに集結。会場周辺では各地の風一族が大旗を掲げ、湘南乃風の代名詞ともなっているタオルを手に今か今かと、開場を待っている姿が印象的だった。開場と同時になだれ込むように会場に入るおよそ12,000人の風一族。ライブが始まる前から熱気と歓声が鳴り止まない。

客席の照明が落ちると同時に、ステージ上に映し出されたOPENING映像に各メンバーが登場する度、さらに歓声が起こる。OPENINGからの流れで1曲目に突入し、会場はタオル回しの大旋風が巻き起こる。それに応えるかのように、メンバーは会場のボルテージを一気に上げていき、そのまま怒涛の攻勢で圧巻のライブパフォーマンスを魅せた。今回のステージはいわゆる“湘南乃風らしい”ライブというだけではない。15周年を迎えた湘南乃風の“喜怒哀楽”という4テーマを元にこれまでのライブとは一味も二味も違った構成が繰り広げられる。15年の間に生まれた湘南乃風の数ある代表曲の中から、選りすぐりの楽曲たちや新曲も多数披露され、会場も一体となって歌うシーンはまさに圧巻という言葉がふさわしい。

ライブ中盤では、センターステージに移り、オーディエンスとより近い場所でライブパフォーマンスをするシーンも。彼らの1、2を争うであろう代表曲「純恋歌」では、暗闇の中で風一族それぞれがライトを掲げると、歌詞の中にもある「億千の星」を会場にいる全員が演出するかのように素晴らしい光景となった。ライブ後半では、やはり“これぞ湘南乃風”と言わんばかりの夏を感じさせる楽曲が続き、集まった風一族もタオルを回したり、踊ったりと最高潮でライブを堪能した様子だった。

初日公演が終わり、メンバーは口を揃えて“まだまだ進化の途中”と言う。今回のツアーは、ライブパフォーマンスだけでなく、4つのテーマとそこに紐付く新しい演出の数々で贈る新しいエンターテインメントだ。ここから、湘南乃風が15年間の“感謝”ともっと高みへ向かうという“決意”を伝えるための、この夏、日本で一番アツいライブが、日本列島を駆け抜けるだろう。

湘南乃風 15周年記念全国ツアー『風伝説 〜一五一会 TOUR2018〜』

※終了分は割愛
7月21日(土) 群馬・ヤマダグリーンドーム前橋
7月22日(日) 群馬・ヤマダグリーンドーム前橋
7月28日(土) 石川県・石川県産業展示会館 4号館
7月29日(日) 石川県・石川県産業展示会館 4号館
8月04日(土) 兵庫・神戸ワールド記念ホール
8月05日(日) 兵庫・神戸ワールド記念ホール
8月25日(土) 宮城・ゼビオアリーナ仙台
8月26日(日) 宮城・ゼビオアリーナ仙台
9月01日(土) 広島・広島サンプラザホール
9月02日(日) 広島・広島サンプラザホール
9月09日(日) 福岡・マリンメッセ福岡
9月16日(日) 愛知・名古屋 日本ガイシホール
9月17日(月・祝) 愛知・名古屋 日本ガイシホール
9月23日(日) 大阪・大阪城ホール
9月24日(月・祝) 大阪・大阪城ホール



【関連リンク】
湘南乃風、全国アリーナツアーを地元・神奈川公演よりスタート
湘南乃風まとめ
B'z、ハワイで開催するFCイベントをライブ・ビューイング決定