NEWS & TOPICS

中島卓偉、異例の“16ビート縛り”を掲げた挑戦的なツアーが大成功!

中島卓偉が開催した東名阪ワンマンツアー<(16 BEATS ONLY!!)Dance!Feel The Noize.>。このツアーは、これまで自身が発表してきた16ビートの楽曲のみでセットリストを組むという、なんとも挑戦的かつ異例なもの。なぜこういったライブを行なうに至ったのかは、『DI:GA ONLINE』でのインタビューで語ってくれているので、ぜひそちらを読んでいただきたいのだが、かいつまんで説明すると、彼はデビューしてから19年の間、16ビートを意識して楽曲を作り続けてきた。しかし、それらをライブで披露するときに、「リズムの取り方」や「グルーヴの解釈」に関して、オーディエンスとの間に大きな齟齬を感じ続けていた。日本独特の文化である1拍目と3拍目ではなく、そもそもロックは2拍目と4拍目でリズムを取ることが基本であって、自分の曲も8ビートではなく16ビートを感じて楽しんでほしい。そんな彼の長年の想いをわかりやすい形で伝えるべく企画されたのが、今回のツアーである。その最終公演が、2018年6月22日(金)、渋谷WWW Xにて開催された。

【インタビュー】中島卓偉、“16ビート”の楽曲のみを演奏する東名阪ツアーを開催。その挑戦的な試みの真意を聞く
https://goo.gl/JVuMpp

卓偉は、サポートメンバーである生熊耕治(Gt.)、鈴木賢二(Ba.)、安東祐介(Dr.)と共にステージに登場。グラムロック感のある衣装に身を包んだ4人は、肩を組んでフロアに向かって一礼。各自持ち場につくと、安東が豪快なドラムを叩き始め、ライブは「BADLY NOOOO!!!!」で幕を開けた。ステージから放たれる凄まじいグルーヴに、オーディエンスはシンガロングで応戦すると、そのまま「OCTOPUS SOLDIER」「PASSION HIP LADY」と立て続けに曲を繰り出していく4人。卓偉はときにフロアにマイクを向けたり、檄を飛ばしたりしてオーディエンスの興奮を激しく煽れば、「上手く言えない」では、キレのあるダンスを華麗に見せつける。また、男性には低めに、女性には高めに設定したコール&レスポンスから「焼酎ギャル」になだれ込むなど、凄まじいテンションで一気に駆け抜けていった。

MCでは“そもそもビートとは”といった基礎的な部分をしっかりと説明する卓偉。「まずは2拍目と4拍目でノるところから始めよう」と、ダメな例として1拍目と3拍目でクラップをしたり、手をあげたりした後、「今日はこれをやったら外に叩き出すから」と、笑いを交えながらフランクに話を続けていく。そんななかでも、もしかしたらこれが一番伝わりやすいのかもと個人的に思ったのは、タンバリンを使った説明。卓偉としても「子供の頃にビートルズを聴いていて、8ビートのドラムに対して、16ビートのタンバリンが入っていたことでノリ方がわかった」と話していたのだが、8ビートにあわせて、卓偉がタンバリンを振って細かくリズムを刻むと、客席から「おお、なるほど」といった雰囲気の声もあがっていた。他にも「カフェオレ」では「もっと跳ねていこう」とスウィングについて説明をしたり、この日唯一ギターを手に取った「TOO MUCH BUSINESS」では、「ここ! ここ!」と、2拍目と4拍目のタイミングを歌いながら説明する場面も。「リズムを理解したら音楽は数倍楽しくなるから」と、ときに曲を踏まえながら丁寧に、ときに溜まりに溜まった“19年分のストレス”を吐き出すように(笑)、ビートの講義を繰り広げていた。

また、この日はまだ音源化されていない新曲達も続々と登場。オーディエンスに振付をレクチャーしていた「今宵MOVE ON」も、「今年で40歳、親になってもエロティックな歌詞を歌うから!」という宣言から始まった「Baby Crazy Love」も、デジタルサウンドを押し出しつつも、ファンクやソウルの要素がふんだんに盛り込まれていて、どれも踊れるものばかり。「“どういう曲なのかな?”って、構えて聴かなくていいから」と卓偉は話していたが、どの曲も自然と身体が動いてしまう高揚感があった。また、新曲として、つばきファクトリーに楽曲提供した「就活センセーション」のセルフカバーも披露。ブラックミュージックのフレーバーが色濃くなっていて、また新たな魅力を感じさせるものになっていた。

他にも、ミラーボールが回った「ムーンライト シャイニン ラブ」は、原曲よりも低音とビートが強烈になっていて、より踊れるアレンジが施されていたりと、16ビートによる狂乱のダンス天国が延々と続いていたのだが、それらを圧倒的な説得力でもってフロアに投げかけていく卓偉の歌声が、やはり素晴らしかった。情感豊かに、官能的に、情熱的に曲を歌い上げていたのだが、なかでも「Dearest Friends」のアウトロで、伸び伸びと、そしてパワフルに響かせていたフェイクはとにかくエモーショナルで、胸に熱く込み上げてくるものがあった。

そして、そんな卓偉の歌声に呼応するオーディエンスの熱量がとにかく半端ない。彼/彼女達が何度も大音量のシンガロングを繰り広げる光景を見ていると、だからこそ、彼はこのライブをやろうと思ったのだろうとまじまじと思わされた。ここまで熱く自身を支持してくれるファンだからこそ、今以上により音楽を楽しんでもらいたい、今以上により一緒に音楽を感じ合いたい、そして、その音楽を通して今以上にもっと深く繋がり合いたい──。“16ビート縛り”というトリッキーなライブには、デビュー以来16ビートで曲を作り続けてきた作曲家としてのスタンスの証明と同時に、彼の音楽愛やファンへの想いが溢れた、なんともまっすぐな信念が表れていた。

大盛況のうちにツアーを終えたばかりの中島卓偉だが、既報の通り、9月に東名阪ワンマンツアー<(8 BEATS ONLY!!)PUNK!Feel The Noize.>を開催することになっている。タイトルの通り、次回は8ビートの楽曲のみで構成されたライブ。この日のMCで話していたが、8ビートゆえに、セットリストは「今回のツアーと1曲もかぶらない」ものになるとのことだ。かなりハードな夜になりそうだが、この日のMCで「実はアルバムのレコーディングはもう終わっている」と話していた卓偉。ツアーではそこに収録される未発表の新曲達が、もしかしたら披露される可能性もありそうだ。そして、今年10月にはいよいよデビュー20周年を迎える。大きな節目を目前に控えている彼がどんな活動を繰り広げてくれるのか。とにかく楽しみだ。

取材・文:山口哲生
撮影:洲脇理恵(MAXPHOTO)

【セットリスト】
M01 BADLY NOOOO!!!!
M02 OCTOPUS SOLDIER
M03 PASSION HIP LADY
M04 上手く言えない
M05 サイトウダイスケ〜all good adults go to heaven ?〜
M06 焼酎ギャル
M07 (おまえだけが)手に入れられない
M08 カフェオレ
M09 CRY CRY CRY
M10 ムーンライト シャイニン ラブ
M11 今宵MOVE ON
M12 たられば
M13 次の角を曲がれ
M14 Baby Crazy Love
M15 TOO MUCH BUSINESS
M16 Dearest Friends
M17 就活センセーション
M18 DO IT BOYS AND GIRLS
M19 FCUK YOU
M20 TO THE MAX
M21 トライアングル
M22 SPARKLE MAN
M23 ピアス

【ライブ情報】

『TAKUI NAKAJIMA LIVE TOUR 2018 (8 BEATS ONLY!!)PUNK!Feel The Noize.』
[musicians] Guitar生熊耕治 / Bass鈴木賢二 / Drums安東祐介

9月16日(日) 大阪・Music Club JANUS
9月17日(月・祝) 愛知・名古屋JAMMIN’
9月28日(金) 東京・TSUTAYA O-WEST

<チケット>
スタンディング¥4,800(税込/整理番号付き)
※全公演学割対象
※未就学児童入場不可
※ドリンク代が別途(当日)かかります
■チケット一般発売日:8月18日(土)
■東京・TSUTAYA O-WEST公演チケット情報:https://goo.gl/V2tqJ4



【関連リンク】
中島卓偉、異例の“16ビート縛り”を掲げた挑戦的なツアーが大成功!
中島卓偉まとめ
『氣志團万博2018』最終出演者にHYDE、THE ALFEE、レキシを発表