NEWS & TOPICS

ましのみ、“ドレミの日”に新曲「どうせ夏ならバテてみない?」を初披露

6月24日(日)音階が制定された“ドレミの日”に、tvk(テレビ神奈川)で放送中の吉田山田の冠番組『吉田山田のドレミファイル♪』の公開録音イベントライブ『”ドレミの日”スペシャルライブ2018』が横浜のはまぎんホール ヴィアマーレで開催され、現役女子大学生シンガーソングライターのましのみがゲストとして登場! 初めての番組主催となるこのライブには、吉田山田が“ライブを見てみたいアーティスト”というコンセプトで、ましのみの他に5人組の男性ヴォーカルユニットのUNIONEの計3組が登場した。

ライブのトップバッターを任されたましのみは、冒頭から独特な自己紹介のゆるいラップ“ましらっぷ”で観客をあおりながら登場。キーボード弾き語りを掲げながらも、センターに置かれたキーボードはまるで番組セットかのように無視して、ハンドマイクでステージを縦横無尽に動き回りながらデビューアルバム『ぺっとぼとリテラシー』から「プチョヘンザしちゃだめ」を披露した。挨拶を早口でバタバタと済ませるやいなや、ましのみのトレードマークとして定着した2リットルのペットボトルをラッパ飲みするなど、終始会場のあちらこちらからザワザワと笑いが起こる。

続いて“好きな人に一緒に夏バテしようよ!という曲です”という曲紹介とともに新曲「どうせ夏ならバテてみない?」を初披露。サマーソングとはいいつつも、恋人同士が感じる恋の熱量の差が生む、煮え切らない恋人へのフラストレーションを綴ったトゲのある歌詞をコミカルに歌った楽曲だ。初披露にもかかわらず、会場からはそのノリの良いテンポに合わせて終始大きな手拍子が送られた。

“ましのみは今後も刺激的でほんわかするエンターテイメントをお見せしたいと思うので、ワンマンライブとか、ぜひ皆さんのお越しをお待ちしています! みなさん、このあとも楽しんでいってください!”と告知もこそこに、逃げるように足早にステージから消えていった。その後、幕間のMCとして登場した吉田山田から“(ましのみは)ゆっくり落ち着いてしゃべることはないんですかね? 会場をザワザワさせる。でもライブを見るとぐいぐいつかまれるよね”とましのみの不思議な魅力を語る場面も。ちょっと変わったましのみのサマーソング「どうせ夏ならバテてみない?」は、7月16日(月・祝)よりiTunesほかにて先行配信がスタートするので、ぜひチェックしてみてほしい。

【セットリスト】
OP.自己紹介ましらっぷ
1.プチョヘンザしちゃだめ
2.どうせ夏ならバテてみない?
3.ストイックにデトックス
4.やりくりゲーム

シングル「どうせ夏ならバテてみない?」

2018年8月1日(水)発売
※2018年7月16日(月・祝)よりiTunesほかにて先行配信開始



【初回限定盤】(CD+DVD)
PCCA-04686/¥2,000+税
【通常盤】(CD Only)
PCCA-04687/¥1,200+税
※プレイパス シリアルコード封入
<収録曲>
■CD
1.どうせ夏ならバテてみない?
2.海水掛け合いっこ
3.コレクション of コネクション
4.どうせ夏ならバテてみない? (Inst.) 
5.海水掛け合いっこ(Inst.)
■DVD
1.どうせ夏ならバテてみない? Music Clip
2.どうせ夏ならバテてみない? Making
3.Digest of「 ぺっとぼとリテラシー~別途ほとばしるショータイムへようこそ~Vol.1@Shibuya WWW X」

『ぺっとぼとリテラシー ほとばしるバテで夏を締めくくりまショータイム Vol.2』

9月08日(土) 東京・代官山UNIT
<チケット>
¥3,500(税込/D別)
■Yahooチケット最速先行発売中
7月01日(日)23:59まで https://ticket.yahoo.co.jp/tour/00003154/

『吉田山田のドレミファイル♪』

放送局:tvk(テレビ神奈川)
放送日時:毎週土曜日 22:00~22:30
出演:吉田山田・麻生夏子



【関連リンク】
ましのみ、“ドレミの日”に新曲「どうせ夏ならバテてみない?」を初披露
ましのみまとめ
BiSH、挑発的な一面を魅せるシングル「NON TiE-UP」をゲリラリリース