NEWS & TOPICS

SING LIKE TALKING、ダンサー・島地保武の即興ダンスをメインにした「Vox Humana」MV公開

デビュー30周年を迎えたSING LIKE TALKINGが、6月27日(水)にリリースする41stシングル「Vox Humana」のミュージックビデオを公開した。

「Vox Humana」はラテン語で“人間の声”を意味しており、“声をかけるという事、声を上げるという事、声を聴くという事… 世界に、そして極身近に在りたい優しさの積極性。アンサンブルでのアフリカの音とエレクトロの音の対峙。静寂と激情の対比”といったものから何かを感じてほしいとメンバーの佐藤竹善も語るように、声を通して人と繋がる大切さについて改めて考えさせられる一曲。また、サウンド面ではその言葉をまっすぐ受け止められるシンプルな仕上がりに、SING LIKE TALKINGのキャリアやそれぞれのスキルが存分に感じることができる。

そんな楽曲「Vox Humana」のメッセージやサウンドを受けて、完成したミュージックビデオもシンプルな構成だ。コンテポラリーダンスの最前線で活動するダンサー・島地保武による楽曲を受けての即興ダンスを、カメラワークやカット割りはできるだけ排除しヒキでの撮影。常に身体への対話を心がけている彼のケガをしてしまった経験に基づく、いつも以上に感じる身体の“声”といった生々しい表現が画面から飛び出してくるような仕上がりとなっている。また、“この曲にあるものがSING LIKE TALKINGの本物の言葉、声であるからだと感じ”そういった表現ができたと、島地氏は撮影後にコメントしている。

なお、本シングルのリリースを記念したインストアイベントが7月に東名阪で開催を予定している他、SING LIKE TALKING 30周年記念したベストアルバム『3rd REUNION』が8月22日に発売、デビュー30周年記念ライブ『SING LIKE TALKING 30th Anniversary Live Amusement Pocket “FESTIVE”』が9月24日(日)大阪フェスティバルホール、9月29日(金)東京国際フォーラムホール A、10月8日(月)大宮ソニックシティ 大ホール、10月21日(日)リンクステーションホール青森にて開催されることが決定している。詳しくはアーティスト公式HP、30周年特設サイトなどをチェックしてほしい。

■30周年特設サイト
http://sp.universal-music.co.jp/sing-like-talking/30th/

■【楽曲について コメント】

■SING LIKE TALKING 佐藤竹善
「ラテン語のVox Humanaは、英語ではHuman Voice。3 0周年を記念する新曲のテーマはズバリ『人間の声』です。声をかけるという事、声を上げるという事、声を聴くという事… 世界に、そして極身近に在りたい優しさの積極性。アンサンブルでのアフリカの音とエレクトロの音の対峙。静寂と激情の対比。 なにかを感じてもらえたら幸いです」

■SING LIKE TALKING 藤田千章
「30周年を迎えてのシングル曲です。 どんな事でも、より良き方向に進むための変革が必要なとき、最初の一歩は、声にして発することから。 目の前の困っている人を助けたり、励ましたりするのも、声にして発することから。 そう思います」

■SING LIKE TALKING 西村智彦
「30周年を迎えるにあたり今回のシングルは我がバンドの定番?アフリカ〜ンなサウンドになっております。 またカップリング曲はわたくしのギターインストルメンタルの曲でとてもヘヴィーなロック調でございます。 どうぞよろしくお願いいたします」

■【ダンサー・島地保武 コメント】

「「Vox Humana」を最初に聴いた時、率直に元気づけられる、勇気づけられる楽曲だなと感じました。実際自分がケガをしてしまった経験があって、今回表現したダンス(動き)もそのときに感じた自分の身体に対しての“言葉”をイメージに、その感情を素直に投影できました。「あなた」というのは僕にとって自分の身体。この日、スタジオに入って、この光を浴びて、考えていたイメージも変化していって、自ずと身体が変化する感覚でを大切にし、なるべく考えない。身体の声を聞いて、それに応えるように反応して即興的な要素を大切にシンプルな状態で撮影していただきました。音や歌詞に分かりやすく動きを合わせることはせず、沿っているようで沿っていない、沿っていないようで沿っている表現を目指しています。その様な表現ができたのも、この曲にあるものがSING LIKE TALKINGの本物の言葉、声であるからだと感じました。受け手が感情移入できる嘘のない音楽、そこに生まれた動きなど、あらゆる視点からこの曲を感じてもらえたらと思いました」

シングル「Vox Humana」

2018年6月27日発売



UPCH-5944/¥1,200+税
<収録曲>
■CD
1.Vox Humana (Written by Chiaki Fujita and Chikuzen Sato)
2.Too Heavy To March (Written by Tomohiko Nishimura)
3.Vox Humana (Ovall Remix)
4.Vox Humana (Michael Kaneko Remix)

【インストアイベント情報】

7月15日(日) 14:00~ 東京・タワーレコード渋谷店 B1F CUTUP STUDIO
7月29日(日) 13:00~ 大阪・タワーレコード梅田大阪マルビル店 イベントスペース
7月29日(日) 19:00~ 愛知・HMV栄 イベントスペース

30周年記念ライブ『SING LIKE TALKING 30th Anniversary Live Amusement Pocket “FESTIVE”』

9月24日(月・祝) 大阪フェスティバルホール
9月29日(土) 東京国際フォーラムホール A
10月08日(月・祝) 大宮ソニックシティ 大ホール
10月21日(日) リンクステーション青森
<バンドメンバー>
江口信夫 (Drums)、塩谷哲 (Piano)、高水健司 (Bass)、大儀見元 (Percussion)、渕上祥人 (Chorus&Guitar)
露崎春女 (Chorus)、FIRE HORNS Atsuki (Trumpet),Juny-a (Saxophone) ,Tocchi (Trombone)



【関連リンク】
SING LIKE TALKING、ダンサー・島地保武の即興ダンスをメインにした「Vox Humana」MV公開
SING LIKE TALKINGまとめ
D、ニューシングル「Revive ~荒廃都市~」全曲試聴トレイラー公開